Go to Main Navigation Go to Content Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB fr fr-CH de de-CH es it it-CH ru ja zh-Hans zh-Hant ko pl th tr pt

Search

ロンジン ディアヌ賞 馬術競技 2019年
2019-06-16
フラットレース
2019年ロンジン ディアヌ賞

ロンジンが9年連続でタイトルパートナーを務める待望のロンジン ディアヌ賞で、フランス人騎手のピエール=シャルル・ブド選手が騎乗したChannel号が、この牝馬限定の世界最高峰のレースで見事な勝利を収めました。 これを祝してスイスの時計メーカー、ロンジンが馬主、調教師、騎手に贈ったエレガントなタイムピースは、アンバサダー・オブ・エレガンスのサイモン・ベイカーの手からそれぞれに渡されました。 2012年以来ロンジン ファミリーの一員であるオーストラリア出身の名優、サイモン・ベイカーは、今年のロンジン ディアヌ賞で新たなアンバサダー・オブ・エレガンスとして紹介されました。

この誉れ高い壮麗なイベントで行われる9つものレースとともに、ロンジン ディアヌ賞は大きな感動を与え、集まったすべての乗馬ファンを喜ばせました。 イベントの公式タイムキーパーを務めるロンジンは、ロンジン・フューチャー・レーシング・スター賞(Prix Longines Future Racing Stars)とロンジン・レーヌ・マリー・アメリー賞(Prix de la Reine Marie-Amélie Longines)に関われることをとりわけ誇りに思っています。 前者は世界中の乗馬学校で学ぶ若い騎手を対象とするもので、後者はFEGENTRI(国際騎手連盟)の女性騎手が活躍する場となっています。 ロンジン・フューチャー・レーシング・スター賞ではEspionne号に騎乗するフランスのトマ・トゥルリエ選手が他を引き離し、ロンジン・レーヌ・マリー・アメリー賞ではBubble Brook号に騎乗するチェコのTereza Grbavcicova 選手がゴールを一番で駆け抜けました。 ロンジンから優勝した両選手にエレガントなロンジンのウォッチが贈られるとともに、トゥルリエ騎手には奨学金が授与されました。

第170回となるこのエレガントな競馬イベントでは、壮麗なシャンティイ競馬場が勝負服のカラフルなモチーフで彩られ、優美に装った観客の目を楽しませました。 ロンジンがパートナーであるフランスギャロとともに主催する「マドモワゼル ディアヌ ロンジン」賞は、最もエレガントな女性乗馬ファンに贈られます。 今年はアビゲイル・ロペス=クルスが審査員から優勝者に選ばれ、「レコード」コレクションのエレガントなタイムピースがサイモン・ベイカーの手から渡されました。

「レコード」コレクション–2019年公式ウォッチ

ロンジン ディアヌ賞は、「レコード」コレクションのステンレススティールとローズゴールドのモデルをイベントの公式ウォッチとして紹介する機会でもありました。 このコレクションのモデルはいずれもクラシックなエレガンスと時計製造の卓越性を兼ね備え、独特な性質を示すモノクリスタルシリコン製ヒゲゼンマイを採用したムーブメントを搭載、COSC(スイスクロノメーター検定協会)の“クロノメーター”認定を取得しています。

さらにこのコレクションは、土曜日の晩に壮麗なシャンティイ城の庭園で開催された特別イベントでも、ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスでハリウッドのスターのケイト・ウィンスレットとサイモン・ベイカーを迎え、華々しく披露されました。 この特別なイベントでロンジンは、アンバサダーの手首を飾る「レコード」コレクションのステンレススティールとローズゴールドのペアウォッチにスポットライトを当てました。ブランドの哲学–すべてのコレクションにおいて女性と男性のお客様に多彩な製品をご用意し、好みと個性にぴったりと合う品を見つけていただく–に見事に沿うタイムピースです。

詳細を見る
ミルザベク・カプシェフ; Centurion号; ロシア プレジデンツカップ
2019-06-12
フラットレース
ロシア プレジデンツカップでのミルザベク・カプシェフ選手の見事な勝利をロンジンが計測

タイトルパートナー、公式タイムキーパー、公式ウォッチとして、ロンジンはモスクワ中央競馬場で開催されたロシア プレジデンツカップ(Russian Federation President’s Cup)を計測し、多くの観客が見守る中、Centurion号に騎乗したミルザベク・カプシェフ選手が素晴らしい勝利を収めました。 勝利騎手と馬主のアリ・ウズデノフ氏には、ロンジンロシア ブランドマネージャーのドミトリ・リャホヴォイ、およびロンジンロシア リージョナルセールスマネージャーのドミトリ・ドミトリエフより、エレガントなロンジンのタイムピースが贈呈されました。

翼の砂時計をロゴとするロンジンは、この機会に本大会の公式ウォッチであるレコード コレクションよりレディースモデルの展示も行いました。このモデルの特徴は、エレガントなステンレススティールとローズゴールドのキャップを合わせたブレスレットに取り付けられた、ホワイト マザーオブパールの文字盤とダイヤモンドのインデックスです。 このコレクションはクラシカルなエレガンスと卓越性を融合し、ブランドの最高峰を目指すシリーズです。 このコレクションのモデルはいずれも独特な性質を示すモノクリスタルシリコン製ヒゲゼンマイを採用したムーブメントを搭載、COSC(スイスクロノ メーター検定協会)の“クロノメーター”認定を取得しています。

ロンジンの馬術競技の世界への情熱は、裏蓋にホースヘッドを飾り付けた懐中時計を制作した1869年にさかのぼります。 それから数年後の1878年に、我々は騎手とその馬の刻印がされたクロノグラフを製造しました。 このタイプのタイムピースは1881年といった早い時代から競馬場で見られ、騎手や乗馬愛好家の間で非常に人気が高く、秒に至るまでのタイムパフォーマンスを可能にしました。 今日、ロンジンの乗馬スポーツへの関わりは、フラットレース、障害飛越競技、エンデュランス競技、ドレサージュ、馬車競技や、その他の試合などに及びます。 ロンジンが乗馬スポーツへの支援を決めたのは、このスポーツがブランドの本質的価値である伝統、エレガンス、パフォーマンスを完璧に描写しているからです。

詳細を見る
ロンジンがSir Winston号の2019年ベルモントステークスでの勝利を計時
2019-06-08
フラットレース
ロンジンがSir Winston号の2019年ベルモントステークスでの勝利を計時

第151回ベルモントステークスに選ばれたパートナー、公式タイムキーパー、および公式ウォッチである、スイス腕時計ブランドのロンジンは、2019年6月8日土曜日、Sir Winston号のベルモントパークでの勝利を計時しました。 Sir Winston号の馬主、調教師、騎手には、ロンジン米国ブランドプレジデント、パスカル・サヴォイよりエレガントなロンジンのタイムピースが贈呈されました。 当日はこれに先がけロンジンは、ロンジン・ジャスト・ア・ゲーム(Longines Just A Game Stakes)での勝利を収めたRushing Fall号を祝福しました。

 

この機会に、砂時計をロゴマークとするブランドのロンジンは、ロンジン エレガンス賞ファッションコンテストを開催し、トリプルクラウンに相応しいスタイルや魅力を称えました。 参加の女性達がランウェイを歩き、セレブリティの審査員にそのスタイルを披露。ベルモントパークで最もスタイリッシュな女性として選ばれた受賞者には、エレガントなロンジンのウォッチが授与されました。


ベルモントステークスの公式ウォッチは、ト クラシック コレクションからの新作モデルです。 このコレクションは、モダニティとブランドを象徴する洗練さを巧みに融合したコレクションです。 ダイヤモンドをセットした、エレガントでスマートなこの最新作は、確固たる女性らしさと大胆な現代性を湛えてます。
詳細を見る
ロンジン ケンタッキー オークス&ケンタッキーダービー、ロンジン チャーチル・ディスタッフ・ターフ・マイル; 馬術競技; 2019年
2019-05-05
フラットレース
2019年ロンジン ケンタッキー オークス&ケンタッキーダービー、ロンジン チャーチル・ディスタッフ・ターフ・マイル

今週末、ルイビル(アメリカ)は街全体が競馬一色となりました。 土曜日には、最も興奮に満ちた2分間として知られるケンタッキーダービー(The Kentucky Derby)がチャーチルダウンズ競馬場で開催されました。 このレースでは、ファビアン・プラット選手が騎乗したCountry House号がMaximum Security号の失格により繰り上げ優勝となりました。 その勝利を記念して、ロンジンは熱気溢れる大勢の観客たちの前で、Country House号の馬主、調教師、騎手にロンジンのタイムピースを贈呈しました。

 

スポーツとエレガンスを楽しむ興奮に満ちた週末の最高潮とも言えるこのダービーレースでは、トラックの内外で多くのハイライトが生まれました。 土曜日はこれに先駆けて、ロンジン チャーチル・ディスタッフ・ターフ・マイル(The Longines Churchill Distaff Turf Mile prize)が開催され、イラッド・オルティス選手が騎乗したBeau Recall号がGot Stormy号およびDaddy Is a Legend号を制し、優勝を手にしました。

 

金曜日には、ロンジンがタイトルパートナー、公式タイムキーパーおよび公式ウォッチを務めるロンジン ケンタッキーオークス(The Longines Kentucky Oaks)が開催され、ホセ・オルティス選手が騎乗したSerengeti Empress号が見事な勝利を収めました。 また、チャーチルダウンズ競馬場で最もファッショナブルな装いをしているエレガントな参加者に贈られるロンジン エレガンス賞も開催され、参加者たちはピンクカーペット上で、誰もが欲しがるロンジン エレガンス賞とロンジンのウォッチを狙って競い合いました。 ロンジン米国 ブランドプレジデントのパスカル・サヴォイを含む審査員たちによって、ブランドのモットーである「Elegance is an Attitude - エレガンス、それは私の意志」にふさわしい、最もエレガントな参加者が選ばれました。

 

2019年ロンジン ケンタッキー オークスとケンタッキーダービーの公式ウォッチを披露:

 

ロンジン ケンタッキー オークスの観客たちには、この大会の公式ウォッチであるロンジン マスターコレクションのモデルを目にする機会が設けられました。 現代的なブルーの文字盤、輝くダイヤモンドのインデックス、そしてポリッシュ仕上げのステンレススティール製ブレスレットを備えたこのタイムピースは、クラシカルなエレガンスと卓越性を兼ね備えた、時計愛好家たちを大いに喜ばせるモデルです。 搭載されている自動巻ムーブメントとパワーリザーブが、このスイス製ロンジンウォッチのエレガンスさに匹敵する高い精度と品質を実現しています。

 

ケンタッキーダービーの公式ウォッチとして、ロンジンはコンクエスト V.H.P.““ Very High Precision: 超高精度” コレクションのクロノグラフ モデルを誇りを持って発表しました。 こちらのモデルは、優れた精度、高度な専門性、ならびにこのブランドならではの優美さを備えるスポーティなデザインを融合させた、クオーツの分野における新たな成果を体現しています。 ブルーの文字盤が目を引くこのウォッチは、超精密ムーブメント(±5秒/年)を採用。クロノグラフキャリバーとパーペチュアルカレンダーも備えています。

 

ロンジンについて: 1832年の創業以来、スイスのサンティミエに拠点を構えるロンジンは、「伝統」と「エレガンス」、そして技術面での「性能」を巧みに操る時計メーカーです。 何世代にも渡って数多くの世界選手権の公式タイムキーパーを務め、また国際的なスポーツ連盟のパートナーを務めてきたロンジンは、長年の間、スポーツの世界との堅固で継続的な関係を築いてきました。 エレガントなタイムピースを生み出すことで有名なロンジンは、世界最大の時計メーカー、スウォッチグループのメンバーであり、 翼のついた砂時計のエンブレムが特徴のブランドとして、現在150カ国以上でビジネスを展開しています。

詳細を見る
ロンジン サガロ ステークス; 馬術競技 2019年
2019-05-01
フラットレース
Longines Sagaro Stakes 2019

2019年5月1日、ロンジンは、新たに改名されたロイヤル アスコット トライアル デイ(Royal Ascot Trials Day)の注目レース、ロンジン サガロ ステークス(the Longines Sagaro Stakes)でのDee Ex Bee号とウィリアム・ビュイック騎手の勝利を計時する栄誉に預かりました。 Dee Ex Bee号の馬主、調教師、騎手には、勝利を祝してエレガントなロンジンのタイムピースが贈呈されました。


ロンジンは、ロンジン サガロ ステークス レースのタイトルパートナーで、アスコット競馬場の公式タイムキーパー兼公式ウォッチです。

詳細を見る
ロンジン アレフランス賞&ガネー賞; 馬術競技; 2019年
2019-04-28
フラットレース
ロンジン アレフランス賞&ガネー賞

パリのロンシャン競馬場の公式パートナーを務めるスイス時計ブランドのロンジンは、ガネー賞(Prix Ganay)でWaldgeist号に騎乗したピエールシャルル・ブドー選手の素晴らしいパフォーマンスを計時する栄誉にあずかりました。 この機会に、ロンジンは自らのブランド名を冠したロンジン アレフランス賞(Prix Allez France Longines)という名称を発表するもうひとつの喜びに恵まれました。 このレースの観客たちは、Morgan le Faye号とミカエル・バルザローナ選手が1番にゴールするのを目撃しました。 2位はTosen Gift号とファブリス・ヴェロン選手、3位はShahnaza号とクリストフ・スミヨン選手となりました。 Morgan le Faye号の馬主、調教師、騎手には、ロンジンフランス ブランドマネージャーのフレデリック・ボンドゥーよりロンジンのエレガントなタイムピースが贈られました。

詳細を見る
コンパレータに製品が追加されました!

比較する別のウォッチをお選びください

ウォッチは3点まで比較できます

コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:

コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています

OK

このアイテムを削除してもよろしいですか?

すべて削除してもよろしいですか?

キャンセル
OK