Go to Main Navigation Go to Content Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB fr fr-CH de de-CH es it it-CH ru ja zh-Hans zh-Hant ko pl th tr pt

Search

Longines Irish Champions Weekend; Horse Racing; 2019
2019-09-15
フラットレース
Longines Irish Champions Weekend

The Longines Irish Champions Weekend featured the QIPCO Irish Champion Stakes at Leopardstown, won by Ryan Moore on Magical and the Comer Group International Irish St Leger at the Curragh, claimed by Chris Hayes on Search For A Song. Longines rewarded winning owners, trainers and jockeys of these two prestigious races with Longines watches.


In addition, Longines presented the Longines Prize of Elegance at the Leopardstown and Curragh racetracks, and rewarded the most elegant lady and gent of each day with elegant timepieces.

詳細を見る
ロンジン・バーデン大賞; 馬術競技; 2019年
2019-09-01
フラットレース
ロンジン・バーデン大賞

競馬場に集まったすべての熱狂的なレースファンを喜ばせるため、ロンジン・バーデン大賞(the Longines Grosser Preis von Baden)では今年再び、イフェッツハイム競馬場で行われたすべてのレースで素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられました。 この待望のグループ1 レースでは、Donjah号とLaccario号を制してウィリアム・ビュイック選手が騎乗したGhaiyyath号が優勝しました。 この大会のタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーであるロンジンは光栄なことに、優勝したGhaiyyath号のチームにエレガントなタイムピースを贈呈しました。

また、ロンジンはこの大会にさらにエレガントな要素を添えるため、ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスのインゲボルガ・ダプクナイテを招待しました。また、来場者の中で最もエレガントな女性に贈られるロンジン エレガンス賞はマリアム・ウエイランド氏が受賞しました。

ロンジン・バーデン大賞の公式ウォッチ

2019年ロンジン・バーデン大賞の公式ウォッチは、コンクエスト V.H.P.(Very High Precision:超高精度)コレクションのモデルです。これは、優れた精度、高度な専門性、ならびにこのブランドならではの優美さを備えるスポーティなデザインを融合させた、クォーツの分野における新たな成果を体現しています。 シルバーの文字盤を備えたこのモデルには、アナログの腕時計としては高い精度(± 5秒/年)を誇る特別なムーブメントを採用。衝撃や磁場の影響にさらされても針をリセットする機能があります。 こうした魅力的な機能の数々がこのたぐい稀な優れた機構を支えており、これに加え、非常に長いバッテリー寿命やパーペチュアルカレンダーがその価値をいっそう高めています。

詳細を見る
ロンジン主催グランプリ オブ ベルリン; 馬術競技; 2019年
2019-08-11
フラットレース
2019年ロンジン主催グランプリ オブ ベルリン

アンリ-アレックス・パンタールが調教し、オリビエ・ペリエ選手が騎乗したFrench King号が、第129回ロンジン主催グランプリ オブ バーデン(Longines Grosser Preis von Baden)でCommunique号とOld Persian号を抑えて見事優勝しました。 このイベントのタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めるロンジンは、French King号の優勝チームにエレガントなロンジンのタイムピースを贈呈しました。

2019年ロンジン主催グランプリ オブ ベルリンの公式ウォッチは、コンクエスト V.H.P. (Very High Precision:超高精度)コレクションのモデルです。このコレクションは、優れた精度、高度な専門性、ならびにこのブランドならではの優美さを備えるスポーティなデザインを融合させた、クォーツの分野における新たな成果を体現した時計です。

詳細を見る
キングジョージ・デイ、ロンジン・ハンディキャップ・ステークス; 馬術競技 2019年
2019-07-27
フラットレース
キングジョージ・デイ、ロンジン・ハンディキャップ・ステークス 2019

7月27日土曜日のキングジョージ・デイに、ロンジンは、アスコット競馬場で開催されたロンジン・ハンディキャップ・ステークス・フォー・レディー・ライダーズ(Longines Handicap Stakes for Lady Riders)で勝利を収めたRedarna号を讃えました。スイス腕時計ブランドのロンジンはこの大会の公式パートナーおよび公式タイムキーパーです。

 

勝利騎手のエマ・セイヤ選手、馬主、調教師、きゅう務員は、ロンジンの代表者からエレガントなタイムピースを授与されました。

 

これに先立ちロンジンは、キングジョージ6世&クイーンエリザベス QIPCO ステークス(King George VI and Queen Elizabeth QIPCO Stakes)にてEnable号と騎手のフランキー・デットーリ選手の心躍る勝利を計測しました。

 

この機会に、ロンジンはキングジョージ・デイの公式ウォッチとして「レコード」コレクションのスティールとゴールドのモデルを紹介しました。 クラシカルなエレガンスと卓越性を兼ね備えたこのシリーズは、比類のない特性を持つモノクリスタルシリコン製ヒゲゼンマイを備えたムーブメントを搭載しており、COSC(スイスクロノメーター検定協会)から「クロノメーター」認定を受けています。

詳細を見る
ロンジン・ハンディキャップ・ド・ラ・フェット・ナショナル; 馬術競技; 2019年
2019-07-14
フラットレース
ロンジン・ハンディキャップ・ド・ラ・フェット・ナショナル

2019年7月14日、ロンジンは、パリ(フランス)のロンシャン競馬場で開催されたロンジン・ハンディキャップ・ド・ラ・フェット・ナショナル(Longines Handicap de la Fête National)で優勝したCalaconta号とエディ・アルドゥアン選手の記録を計時する栄誉に預かりました。 また、この機会にこの大会の公式ウォッチであるハイドロコンクェスト コレクションのモデルが観客たちに披露されました。 このシリーズは翼のついた砂時計をロゴとするブランドの特徴である、卓越した技術と伝統的なエレガンスを併せ持ち、ベゼルには優雅でモダンなスタイルを創り出すカラーセラミック製のインサートが付属しており、タイムピースの魅力をさらに引き立てています。

詳細を見る
ロイヤルアスコット; フラットレース; 2019
2019-06-19
フラットレース
ロイヤルアスコット2019

今週、アスコット競馬場(英国)では一年で最も待ち望まれている世界的なスポーツイベント、ロイヤルミーティングが開催されました。 スイス時計ブランドのロンジンは、この格式あるフラットレースイベントで公式パートナー、公式タイムキーパー、公式ウォッチを務めています。

 

6月19日水曜日、ロンジンはアンバサダー・オブ・エレガンスのリン・チーリンを招き、ロイヤルミーティングの独特の雰囲気を味わっていただきました。 クイーンズヴェース(Queen’s Vase)レースでDashing Willoughby号が見事な勝利を収めた後、評価の高いアジア人女優リン・チーリンとロンジン副社長のリチャード・ストロマイヤーから、優勝馬の馬主(ミック&ジャニス・マリスコッティ)、調教師(アンドリー・ボールディング)、騎手(オイシン・マーフィー)、厩務員(アンジェラ・チェシャー)にエレガントなタイムピースが贈られました。 その後、プリンスオブウェールズ・ステークス(Prince of Wales’ Stakes)で優勝したCrystal Ocean号の馬主(エヴェリン&リン・ド・ロスチャイルド卿夫妻)、調教師代表、騎手(フランキー・デットーリ)、厩務員(コッラード・モラーレ)も、ウェールズ公とコーンウォール公爵夫人の手からエレガントなロンジンの時計を受け取りました。

 

洗練されたロイヤルミーティングに合わせ、ロンジンはロイヤルアスコットの公式ウォッチとして「レコード」コレクションのスティールとゴールドのモデルを紹介します。 クラシカルなエレガンスと卓越性を兼ね備えたこのシリーズは、比類のない特性を持つモノクリスタルシリコン製ヒゲゼンマイを備えたムーブメントを搭載しており、COSC(スイスクロノメーター検定協会)から「クロノメーター」認定を受けています。

 

ロンジンと乗馬の世界

ロンジンが乗馬の世界に傾ける情熱は1869年、ブランドが馬の頭部が描かれた最初の乗馬用懐中時計製造した年に遡ります。 数年後の1878年、ロンジンはクロノグラフムーブメントを開発、騎手と馬が刻まれたケースに収めました。 この種のタイムピースは競技を秒単位で計時できたことから、早くも1881年には競技場で見られるようになり、騎手と馬術競技ファンの間で高い人気を博しました。 現在、ロンジンが乗馬スポーツで関わっているのは、フラットレース、障害飛越競技、馬場馬術、馬車競技、総合馬術競技です。 ロンジンが乗馬スポーツの支援を選んだのは、それが伝統、エレガンス、パフォーマンスというブランドの中心となる価値観を見事に表しているからです。

詳細を見る
コンパレータに製品が追加されました!

比較する別のウォッチをお選びください

ウォッチは3点まで比較できます

コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:

コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています

OK

このアイテムを削除してもよろしいですか?

すべて削除してもよろしいですか?

キャンセル
OK