Go to Main Navigation Go to Content Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB fr fr-CH de de-CH es it it-CH ru ja zh-Hans zh-Hant ko pl th tr pt

Search

最新モデル; ロンジン マスター コレクション; 台湾
2019-08-26
Corporate
ロンジン マスター コレクションの最新モデルを台湾で発表

Taipei hosted the official presentation of The Longines Master Collection new timepieces in presence of Jung Woo-Sung, Longines Ambassador of Elegance. The Swiss watch brand was proud to present the 2019 models, characterized by a moon phase indicator and a refined aesthetic, thus strengthening one of its emblematic line created in 2005. From the start, this collection has enjoyed an undeniable level of success propelling its status as the best representation of Longines watchmaking expertise.

 

“This year, with the new models of The Longines Master Collection, we clearly reaffirm our commitment to traditional watchmaking. With a moon phase indicator at 6 o’clock and a new calibre developed exclusively for Longines, the 2019 pieces really stay true to the DNA of the line”, said Walter von Känel, President of Longines on the occasion of The Longines Master Collection presentation.

 

After making an appearance at the opening of the new Longines Boutique in Taipei 101, Longines Ambassador of Elegance Jung Woo-Sung attended The Longines Master Collection event.

 

During the evening, the South Korean actor, director and producer joined Walter von Känel on stage to share his thought about the new models: “The Longines Master Collection is the perfect watch for me. Its classical elegance and timeless aesthetics completely match with my style. I particularly like the new face of the dial with its sleek moon phase display”.

詳細を見る
ロンジン オープン; 新しいブティック; 台北; 2019年
2019-08-26
Corporate
ロンジンが台北に新しいブティックをオープン

ロンジンは、8月26日に台北101で新しいブティックのオープニングセレモニーを行いました。 この日、ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスを務めるチョン・ウソンが、ロンジン社長のウォルター・フォン・カネルとともに伝統的なテープカット セレモニーに参加しました。 新しいブティックには、ロンジンの最もアイコニックなウォッチの数々、そして最新モデルを含む幅広いセレクションが並んでいます。

ブティックのオープンと同時に、ロンジンは、ロンジン マスター コレクションの新作モデルとスイスにあるロンジン ミュージアム所蔵のタイムピースを紹介するウォッチ&写真展“My Master Moment”のオープニングセレモニーも行いました。

詳細を見る
ロンジン; オープン; プノンペン ブティック
2019-08-23
Corporate
ロンジンがリニューアルされたプノンペン ブティックを正式にオープン

カンボジアでのプレゼンスを高めるため、スイス腕時計ブランドのロンジンは、2019年8月23日、プノンペン ブティック(ダウン ペン区プラスメイ1町130通り171番地)のリニューアルオープンを祝いました。 484平方フィートの広さを誇るこのブティックには、ロンジンの最もアイコニックなウォッチの数々、そして最新モデルを含む幅広いセレクションが並んでいます。

  

このイベントには、リテールパートナー、ローカルのセレブリティたち、スイス開発協力庁のカンボジア ディレクターを含む多数のゲストが参加しました。 テープカット セレモニーに続いて、参加者たちにロンジンのエレガントなブティックとタイムピースが公開されました。

 

翼のついた砂時計のエンブレムを特徴とするロンジンは、このイベントのハイライトとして、ハイドロコンクェスト コレクションの最新モデルを発表しました。  翼のついた砂時計をロゴとするロンジンの際立った特徴である、時計製造の卓越性と伝統的なエレガンスを合わせ持ったこのシリーズには、優雅でモダンなスタイルを作り出すカラーセラミック製のインサートが付属したベゼルが備わっています。 これらの洗練された新モデルは、ウォータースポーツの魅惑的な世界からインスピレーションを得ています。

詳細を見る
hydroconquest; limited edition; kohei uchimura; 2019
2019-08-06
Corporate
ハイドロコンクエスト 内村航平モデル “Kohei Watch”

ロンジンが1999年より提唱する「Elegance is an Attitude」。それは、“エレガンス=高い品格”とは人の生き方や振る舞いに現れるもの、という考えに基づいています。ブランドを体現するこのスローガンは、これまでプロダクトコンセプトやキャンペーンビジュアルにとどまらず、さまざまな場で使用されてきました。ロンジンは、このスローガンを通して、行動的で自信に溢れ、そして高い品格を併せ持つ男性をサポートしています。

 

この「Elegance is an Attitude」の20周年を記念し、まず第1弾として女性に向けた日本限定モデルが6月に発売されました。そしてこのたび第2弾として、日本人初となるロンジン エレガンスアンバサダーを務め、また自身の精密かつエレガントな演技で世界中の尊敬を集める体操選手、内村航平氏がデザイン監修をしたメンズウォッチが400本限定で登場します。

 

内村氏のこだわりがふんだんに詰まったこのスペシャルコラボレーションモデルのベースとなったのは、本人が気に入っているコレクションのひとつであるダイバーズウォッチ「ハイドロコンクエスト」。2018年には既存モデルからデザインや形状などがアップデートされ、セラミックベゼルも搭載された人気モデルです。デザイン面でまず目を引くのは、ベゼルやミニッツサークル、デイト窓枠など随所に配されたレッドの意匠です。勇気や勝利といった意味を持つレッドは、内村氏が一番好きな色であり、その次に好きな色であるブルーとのマッチングにこだわりを見ることが出来ます。

 

また、セラミックベゼルが配された41mmケースの裏側には、内村氏のサインやシリアルナンバーが刻印されており、ねじ込み式リューズやケースバック、そして30気圧防水などダイバーズウォッチとして高い性能も兼ね備えています。もう一つの特長として、ステンレススティールブレスレットとともにラバーストラップおよびNATOストラップが付属されます。メンズウォッチでは珍しい、気分によって付け替えができるようにしたいという本人の要望から生まれ、インターチェンジャブルシステムによりワンプッシュで非常に簡単に付け替えることが可能です。

 


【内村 航平氏からのコメント】

大きめでボリュームのある時計が好きなので、今回は自分が好きな型で”ザ・時計”という印象があるハイドロコンクエストを選びました。理想のデザインを考えたときに、時計全体を一番好きなレッドにするよりは、その次に好きなブルーの時計をベースにレッドをポイントにしています。さらに、ホワイトを含めた3色の組み合わせが鮮やかで、僕が思い描く中では一番バランスの良いデザインになっていると思います。おすすめのポイントとして、ベルトが3種類ついているので、1つの時計で3通りの雰囲気を楽しむことができます。メンズウォッチで気分に合わせて簡単にベルトを変更できる時計は少なく、自信を持っておすすめできます。特にストライプ柄のラバーストラップは、デザイン性も高くお気に入りです。%break%

【発売情報】

9月6日(金)予定:全国のロンジン取り扱い店舗にて発売開始

 

- 先行発売

8月24日(土)予定:ロンジンブティック 銀座・小田急百貨店新宿店時計サロン・大丸松坂屋東京店

 

 

 【仕様】

モデル名:ハイドロコンクエスト 内村航平モデル “Kohei Watch”

 

価格:¥276,000(税抜)

 

製造数:400本(日本限定)

 

リファレンス:L3.781.4.99.6

 

キャリバー:自動巻 / L888

 

機能:時、分、秒、3時位置にデイト表示

 

ケース:ステンレススティール、Ø41mm、セラミックベゼル、ケースバックにサインとともに “Kohei Uchimura Japan Limited Edition  No. XXX/400”と刻印

 

防水:30気圧(300m)

 

ダイアル:サンレイブルー、スーパールミノバ®が塗布された3つのアラビア数字、10のカボション

 

針:ロジウムプレート(時・分・秒)、スーパールミノバ®

 

ブレスレット:ダブルセキュリティフォールディングクラスプ付ステンレススティールブレスレット、トリコロールカラーラバーストラップ、NATO式ブルーラバーストラップ

詳細を見る
コンパレータに製品が追加されました!

比較する別のウォッチをお選びください

ウォッチは3点まで比較できます

コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:

コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています

OK

このアイテムを削除してもよろしいですか?

すべて削除してもよろしいですか?

キャンセル
OK