Go to Main Navigation Go to ariane Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB fr fr-CH de de-CH es it it-CH ko pl zh-Hans zh-Hant ja ru th tr pt

Search

ローザンヌ; 新しい試合; ロンジン マスターズ シリーズ
2019-03-18
障害飛越競技
Lausanne, new leg of the Longines Masters Series

2019年6月20日から23日まで、ロンジン ローザンヌ マスターズ(Longines Masters of Lausanne)が新たに開催されます。国際馬術連盟(FEI)を含む、50ものスポーツ関連組織が拠点を置くローザンヌにおいて、世界最高レベルの障害飛越競技の騎手と馬が競い合い、このスポーツの美しさを称えます。

ロンジン マスターズのシグニチャーである、一流のスポーツとライフスタイルを融合したユニークなコンセプトが、初めて屋外に舞台を移し、アイコニックなロンジン・スピード・チャレンジ(The Longines Speed Challenge)、マスターズ・パワー(Masters Power)、ロンジン・グランプリ(Longines Grand Prix)を含む試合が4日間に渡って繰り広げられます。 有名なパートナーブランド、セレブリティのゲスト、ユニークなショッピング体験、美食、家族で楽しめるイベントが盛りだくさんのロンジン ローザンヌ マスターズは、スポーツ/ソーシャルカレンダーにおけるユニークなイベントとなります。

ロンジン マスターズの各大会は、約100ヶ国で放送され、2億6千万世帯が視聴します。また、様々なデジタルメディアによって世界中のユニークな観客や新しいファンに届けられ、その恩恵を受けています。

詳細を見る
2019年ロンジン ライジング スキー スター賞; メタ・フロバト選手; クレマン・ノエル選手
2019-03-17
アルペンスキー
The 2019 Longines Rising Ski Stars prizes awarded to Meta Hrovat and Clément Noël

FISアルペンスキーワールドカップ(FIS Alpine Ski World Cup)の公式タイムキーパーであるスイス時計ブランドのロンジンは、本日アンドラのソルデュで行われた最終戦で、ロンジン ライジング スキー スター賞を授与する栄誉に預かりました。 シーズン中のFISアルペンスキーワールドカップのレースに出場したすべての選手の中から、女性は21歳未満、男性は23歳未満の最優秀スキーヤーを選出するこの賞が、スロベニアのメタ・フロバト選手とフランスのクレマン・ノエル選手に贈られました。

2018年および2019年のFISジュニアワールドカップ選手権(FIS Junior World Championships)のスラローム競技で2回の優勝を果たしたメタ・フロバト選手は、スラロームおよびジャイアントスラローム部門で4回もトップ10入りし、今シーズンのFISスキーワールドカップを総合3位の成績で終えました。一方、クレマン・ノエル選手はヴェンゲン、キッツビューエル、ソルデュのスラローム競技で3勝を飾り、今シーズンのツアーで自己最高記録を達成しました。 将来有望なこの2人のアスリートには、ロンジン副社長のチャールズ・ヴィロズからロンジンの時計、トロフィー、小切手が手渡されました。

この祝典は本日、2018/2019年FISスキーワールドカップ総合で連覇を達成したロンジンのアンバサダー・オブ・エレガンス、ミカエラ・シフリン選手とマルセル・ヒルシャー選手にそれぞれの素晴らしいパフォーマンスを称えてエレガントなタイムピースが贈られた全体の受賞式に続いて行われました。

詳細を見る
ロンジン グランプレミオ ラティーノアメリカーノ 馬術競技 2019年
2019-03-10
フラットレース
Longines Gran Premio Latinoamericano 2019

日曜日、南米サラブレッド競馬振興機構(OSAF)の公式パートナーであるロンジンは、チリのサンティアゴで開催されたロンジン グランプレミオ ラティーノアメリカーノ(Longines Gran Premio Latinoamericano)の全レースを計測しました。 ジェレミー・ラプリダ選手が騎乗したYa Primo号が、2019年ロンジン グランプレミオ ラティーノアメリカーノのハイライトとなるレースに勝利しました。 2019年ロンジン カップ カルロス カンピーノ(Longines Cup Carlos Campino)を制したのは、Lluvia de Plata号に騎乗したベルナルド・レオン選手でした。 また、ロンジンが掲げているモットー「Elegance is an attitude~エレガンス、それは私の意志~」に沿って、名高いロンジン エレガンス賞を主催し、個人の上品な表現を称えて、来場者の中で最もエレガントな男性と女性にロンジンの時計を贈呈しました。

 

この待望のレースイベントに来場した観客には、大会の公式ウォッチであるスポーティなコンクエストV.H.P.(Very High Precision: 超高精度)のモデルを目にする機会が設けられました。 このウォッチはクォーツの正確な腕時計の究極の段階を示すモデルであり、スイスブランドのロンジンが開拓してきた計時技術が特徴です。 アナログの腕時計としては高い精度(± 5秒/年)を誇る特別なムーブメントを採用。衝撃や磁場の影響にさらされても針をリセットする機能があります。 このロンジン ウォッチの魅力をさらに高めているのが、優れたバッテリー寿命とパーペチュアルカレンダーです。

 

ロンジン グランプレミオ ラティーノアメリカーノは、ラテンアメリカの様々な国でOSAFによって毎年開催される巡回レースです。 ラテンアメリカで最も重要なG1国際競馬においてロンジンは、タイトルパートナーに加え、公式タイムキーパー、公式ウォッチも務めています。 2020年のロンジン グランプレミオ ラティーノアメリカーノは、アルゼンチンで開催予定です。

詳細を見る
ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・ドーハ; ジャンピング; 2019年
2019-03-03
障害飛越競技
Longines Global Champions Tour of Doha 2019

2019年、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー(Longines Global Champions Tour)は大陸をまたぎ、20試合が開催される予定となっています。本年度はトップレベルの技を競う障害飛越サーキットに新しい会場が加わります。 本年度新しく開催地として選ばれた3会場は: ストックホルム、モントリオールおよびニューヨーク。これでアメリカ、ヨーロッパ、アジア、中東地域に大きな足跡を残すことになります。 シリーズオープン戦の地に初選出されたのはドーハ。巨大なアル・シャカブ馬術センター(AL SHAQAB Equestrian Centre)です。 ツアーはメキシコシティ、上海、モナコ、パリ、ローマと、世界の名だたる観光地へと続いていきます。 栄冠のシーズンファイナル戦はニューヨークのガバナーズ島で開催されます。 サーキットのクライマックスはプラハで開催される、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・スーパー・グランプリ(Longines Global Champions Tour Super Grand Prix)で、各ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアーの優勝者が集結し、至高の闘いを繰り広げます。

ツアーのタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めるスイスのウォッチブランド、ロンジンは、週末のハイライト試合であるロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・ドーハ・グランプリで優勝した、Usual Suspect d’Auge号に騎乗したジュリアン・エペラール 選手(フランス)の健闘を讃えました。 この試合で優秀な成績をおさめたことで、エペラール選手はロンジン・グローバル・チャンピオンズ・スーパー・グランプリへの出場権を獲得。並み居る強豪選手との闘いへと進みます。 ベン・マー選手(イギリス)とExplosion W号、ニコラ・フィリパーツ選手(ベルギー)とH&M Chilli Willi号が2位と3位の順位についています。

週末の間、ロンジンのユニークなエレガンスを象徴する、高い精度、技術性、スポーティなスタイルが特徴的なクオーツウォッチ界のニュースター、 コンクェストV.H.P. (Very High Precision:超高精度)のクロノグラフモデルを観客に披露する機会にも恵まれました。 年差± 5秒というアナログとしては驚異的な精度を誇る特別なムーブメントを搭載し、衝撃が加わったときや磁場に晒されたときは、針をリセットできるようになっているコンクェストV.H.P.は、高度な精密性を標準装備したタイムピースとしてその地位を確立しました。

詳細を見る
ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンス シュテファニー・グラフ;基金; ハンブルグ
2019-02-27
Corporate
ロンジンのアンバサダー・オブ・エレガンス、シュテファニー・グラフが設立した基金が、ハンブルグでロンジンを歓迎

2019年2月27日、シュテファニー・グラフと自身が設立したチルドレン・フォー・トゥモローは、ハンブルグ(ドイツ)にて、スイスのウォッチブランドであるロンジンを歓迎してくれました。 伝説のドイツ人テニスプレーヤーによって、1998年にハンブルクエッペンドルフ大学のクリニックに設立された施設は、戦争、迫害、暴力の犠牲者となった子どもや家族を支援しています。

シュテファニー・グラフはこう語ります。“「ロンジンはわたしが心より大切にしているチルドレン・フォー・トゥモローを温かく受け入れ、支援してくれています。 戦争や国外追放、暴力行為を受けた子供たちをできる限り引き受け、トラウマ治療を提供する活動を始めてもう20年以上になります。こうした心の傷は見過ごされることが多いのです。  子供たちを苦しめる問題への注意を喚起し、心の傷をいやすために何が必要なのか探ることが、チルドレン・フォー・トゥモローの使命です。 できる限り多くの子供たちが、明るい未来のためへの新たな一歩を踏み出せるように手助けしたいと考えています。」”

この非営利団体は、難民問題や精神的な幸福とはどうあるべきかというデリケートな課題にも取り組んでいます。 有資格者の専門家で形成されたチームが一丸となって、セラピーを中心としたさまざまな心理療法や心理活動で、トラウマと戦う子供たちや若者をサポートしています。 今週水曜日には、ロンジンの時計職人が基金に到着。子供たちへの職業訓練がスタートしました。

このイベントを開催することによって、2008年に始まったシュテファニー・グラフとロンジンの長きにわたるパートナーシップが健在であることを周知するとともに、昨年の夏にメンズとレディースそれぞれ10本限定でオークション販売された「“コンクエスト V.H.P. シュテファニー・グラフ&アンドレ・アガシ 基金」モデルの成功を祝うことができました。” すべての収益は、アンバサダー・オブ・エレガンスが設立した2つの基金、「チルドレン・フォー・トゥモロー基金」および「アンドレ・アガシ教育基金」に寄付されました。エレガンス・オブ・ハート

ロンジンの礎でもある完璧性やエレガンスは、高いレベルでの社会理想の実現へと着実に導いてきました。’ 翼のついた砂時計をロゴとするロンジンは、長年にわたりさまざまなパートナーシップを締結することで、いくつもの慈善団体を支援してきました。

Longines CEOを務めるウォルター・フォン・カネルはこう語ります。ä 「ロンジンのコアバリューは、人道主義的活動へとわたしたちを導いてきました。“’ 特にチルドレン・フォー・トゥモローとともに、より良い未来を築くために子供たちや家族を支援できることを誇りに感じています。 基金の設立者で、ロンジンのアンバサダー・オブ・エレガンスでもあるシュテファニー・グラフが示してくれる博愛、献身、寛容の精神は、インスピレーションの源流であり、ロンジンにとって重要な要素である真の意味でのエレガンス―寛容な心のエレガンス―を体現しているのです。」シュテファニー・グラフは「ロンジンのように古い歴史、伝統、品質、職人技を持つ会社のアンバサダーをつとめることに喜びを感じています。わたしたちは、他の人たちの暮らしをより良いものにしたいという同じ目的を共有しています。––”“ ’ ロンジンには、与え、労わる精神が強く根付いています」と加えました。”


チルドレン・フォー・トゥモローについて

チルドレン・フォー・トゥモローは戦争、迫害、暴力の犠牲となった子供たちや家族を支援し、プロジェクトを実行することを目的とする非営利基金です。 犠牲者となった子供たちは恐怖の体験をしています。中には両親や近親者を亡くした子供たちもいます。 精神的トラウマを抱えることで、睡眠障害、悪夢、鬱やその他の症状で苦しんでいます。 トラウマを乗り越えさせるために、訓練を受けた有資格者による精神療法的治療が必要となるのです。 チルドレン・フォー・トゥモロー基金に寄せられた資金は、心の傷をいやすために使われています。 詳しくは www.children-for-tomorrow.com/
をご参照ください。  

シュテファニー・グラフとロンジン

その優れた才能で女子テニス界のアイコン的存在のシュテファニー・グラフは、4歳の時にテニスを始め、瞬く間にトップランクの選手に成長しました。そのプロフェッショナルな姿勢と勇気は常に称賛の的であり、テニス界を代表する有名選手のひとりとしてその名を刻んでいます。–– 17年間のキャリアの中で、グラフは可能な限りのタイトルをすべて勝ち取りました: つまり、22のグランドスラムと1つのオリンピックメダルを含む、902ものトーナメントで栄冠に輝いたのです。また、世界ランキングでは、377週にわたって第1位の座を維持し、この記録は今日に至るまで破られていません。– テニス界の真のレジェンド、それがシュテファニー・グラフです! グラフとロンジンは、卓越性、パフォーマンス、復活、そしてエレガンスへの情熱を共有しています。’ 勇敢かつ献身的で寛大な人間性を通して、グラフというテニスチャンピオンはロンジンの価値観とスローガンを 見事に体現しています: ’ ”エレガンスは生き方にあらわれる”。 ロンジンは、チルドレン・フォー・トゥモローとアンバサダー・オブ・エレガンスの活動を支援できることを誇りに感じています。

詳細を見る
2019年ロンジン FEI ジャンピングネーションズカップ UAE; ジャンピング; 2019年
2019-02-24
障害飛越競技
Longines FEI Jumping Nations Cup of UAE 2019

2019年2月23日土曜日、Talisman de Mazure号に騎乗したマリオ・スティーブンス選手、Bud Spencer号に騎乗したスベン・シュリッセルブルク選手、Fidelius G号に騎乗したミリアム・シュナイダー選手、Catokia号に騎乗したフィリップ・ワイスハウプト選手からなるドイツチームが、アブダビで行われた、ロンジン FEI ジャンピングネーションズカップ UAE (Longines FEI Jumping Nations Cup of UAE) で優勝。 第2位はアイルランドチーム、第3位には開催地のUAEチームが入りました。 その2日前に行われたロンジン協賛のプレジデント・オブ・UAE・ショージャンピング・カップ・グランプリ(President of the UAE Showjumping Cup Grand Prix)では、優勝チームのメンバーの1人であるCatokia号に騎乗したフィリップ・ワイスハウプト選手が優勝。 第2位、第3位には、Carallo号に騎乗したデンマークのティナ・ルンド選手、James V.D Oude Heihoef号に騎乗したUAEのアブドゥーラ・モハマド・アル・マッリー選手が続きました。 この大会の公式パートナー、公式タイムキーパーおよび公式ウォッチを務めるロンジンは、この2つのレースの優勝者にエレガントなタイムピースを贈呈する栄誉に預かりました。

これを記念して、スイスの高級時計ブランドであるロンジンは、この大会の公式ウォッチとしてコンクエスト V.H.P.(Very High Precision:超高精度)モデルを発表しました。このタイムピースは、優れた精度、高度な専門性、ならびにこのブランドならではの優美さを備えるスポーティーなデザインを融合させた、クオーツの分野における新たな成果を体現しています。

詳細を見る
コンパレータに製品が追加されました!
比較する別のウォッチをお選びください ウォッチは3点まで比較できます
コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:
コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています
OK
このアイテムを削除してもよろしいですか? すべて削除してもよろしいですか?
キャンセル
OK