Go to Main Navigation Go to Content Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB fr fr-CH de de-CH es it it-CH ko pl zh-Hans zh-Hant ja ru th tr pt

Search

Swiss rider Beat Mändli and Dsarie jumped to victory at the Longines FEI World CupTM Jumping North American League in Washington
2017-10-31
障害飛越競技
ロンジンFEIワールドカップジャンピング - ワシントン
2017年10月28日(土)、ワシントン国際ホースショー( Washington International Horse Show)の最中に開催されたロンジンFEIワールドカップTM ジャンピング北米リーグ(Longines FEI World CupTM Jumping North American League)で、スイス人騎手のビート・マンドリ選手が優勝を手にしました。2位にはHH Callas号に騎乗したマクレイン・ワード選手(アメリカ)、続いて3位にはEnjoy Louis号に騎乗したCatherine Nicole Tyree選手が入りました。 ロンジンFEIワールドカップTM ジャンピング北米リーグシリーズのタイトルパートナー、公式タイムキーパー、公式ウォッチとなっているロンジンが、優勝賞品として優勝者にロンジンのエレガントな時計を贈呈しました。
詳細を見る
Isabelle Lapierre (CAN) and Cescha M jumped to victory at the Longines FEI World CupTM Jumping North American League in Calgary
2017-10-31
障害飛越競技
ロンジンFEIワールドカップジャンピング北米リーグで、イザベル・ラピエール選手(カナダ)とCescha M号が優勝
2017年10月28日(土)、カナダのカルガリーで開催されたロンジンFEIワールドカップTM ジャンピング北米リーグ(Longines FEI World CupTM Jumping North American League)で、Cescha M号騎乗のカナダ人騎手、イザベル・ラピエール選手が優勝して大会を終えました。2位にはConcetto Son号に騎乗した同じくカナダのローラ・ジェーン・ティドボール選手が、続いてDontez号に騎乗したアメリカのSarah Scheiring選手が入りました。ロンジンFEIワールドカップTM ジャンピング北米リーグシリーズの公式パートナー、公式タイムキーパー、公式ウォッチとなっているロンジンが、優勝賞品としてイザベル・ラピエール選手にロンジンのエレガントな時計を贈呈しました。
詳細を見る
Longines FEI World CupTM Jumping Verona; Maikel, Official Watch;Jumping; FEI;
2017-10-31
障害飛越競技
ロンジンFEIワールドカップジャンピングでマイケル・ファン・デル・フルーテン選手が優勝

2017年10月29日(日)、ヴェローナで開催されたロンジンFEIワールドカップジャンピング(Longines FEI World CupTM Jumping)で、VDL Groep Verdi TN号騎乗のマイケル・ファン・デル・フルーテン選手(オランダ)が優勝を飾りました。2位にはFair Light van T Heike号騎乗のアルベルト・ゾルジ選手が入り、これにピーター・デボス選手(ベルギー)とApart号が続きました。

ロンジンは、ロンジンFEIワールドカップTM ジャンピング西ヨーロッパリーグシリーズのタイトルパートナー、公式タイムキーパー、公式ウォッチとなっています。これにより、ヴェローナで開催された世界有数の大会では、スイスの時計ブランドであるロンジンが、ロンジン マスター コレクションの中の新作レディースモデルを公式ウォッチとして贈呈しました。これは、ブランドの伝統的なエレガンスと時計の製造技術を象徴するラインです。

詳細を見る
FIS World Cup; Conquest V.H.P.
2017-10-30
アルペンスキー
ロンジン、ロンジンのFISワールド カップにて新開発のコンクェスト V.H.P.モデルで高精度を発揮

国際スキー連盟(FIS)の公式パートナーを務めるロンジンは、FISワールドカップ(FIS World Cup)やアルペン世界スキー世界選手権(Alpine World Ski Championships)の開催中にWhite Circusと呼ばれる壮大なスキーワールドカップに向けたスポーツ用計時でその高度な専門技術を長年にわたり注いできました。ロンジンには、1924年にサンティミエで初めて試合が開催されたアルペン大会の計時を担当したことをきっかけに、スキー界に携わってきた長い伝統があります。

 

もちろんロンジンは、エレガンスアンバサダーであるノルウェー出身のアクセル・ルンド・スヴィンダル選手と米国出身のミカエラ・シフリン選手のパフォーマンスを目にすることを楽しみにしています。2016/2017年の総合タイトル獲得者であるミカエラ・シフリン選手は、ゾルデンで本日開催されたFISアルペンフォーラムのゲストの1人です。同フォーラム開催中、彼女は来シーズンの目標を派発表しました。

 

 

2017/2018シーズンの公式ウォッチ

ロンジンのクォーツの歴史は、技術革新と妙技の最高潮を迎えています。1954年、ロンジンが初めて開発したクォーツ時計は瞬く間に高精度の記録を樹立し、精度に関する一連の長い記録が始まりました。その記録は計時の歴史のパイオニアとなった伝説のクロノグラフ機器"Chronocinégines"で打ち立てられました。この機器は、1/100秒単位で撮影したネガを提示することで、アスリートたちのフィニッシュライン通過時の瞬間の追跡を可能にしました。この機器は1956年にサンモリッツで開催されたワールドカップでのアルペンスキーで初めて使用されました。

 

「翼の砂時計」をロゴにもつロンジンは、このような歴史に残る画期的な出来事の延長線上として、独自の優れたムーブメントが搭載された新開発のコンクェスト V.H.P.を発表いたします。このムーブメントは、アナログの腕時計としては高い精度(± 5秒/年)を備えており、衝撃や磁場の影響にさらされてもGPD(ギア位置検出)システムを利用して針をリセットします。究極のスポーツラインであるコンクェストの真髄として、この格別のタイムピースには、高度な専門性とダイナミックな美学が融合されています。よって、コンクェスト V.H.P.は最高精度の旗手として位置づけられています。

 

2017/2018シーズンの公式ウォッチであるこの時計には、シルバーの文字盤とスティール製のブレスレットが付いています。直径41mmのコンクェスト V.H.P.各モデルには、インテリジェントなリューズのほか、バッテリー寿命の終わりを予告するE.O.L.インジケーターが搭載されています。

 

ロンジンは未来のチャンピオンを支援

ロンジンは未来のチャンピオンを、ロンジン・フューチャー・スキー・チャンピオンズ・レースを通して支援します。このレースは、ワールドカップ ファイナルの中で、初めてスウェーデンの会場で行われるイベントです。それぞれの国の連盟への支援を示すため、スイス製時計ブランドのロンジンはさまざまな国から集まった16才未満の男子スキー選手14名を招待します。この大会で、選手たちはジャイアントスラローム競技を競い合います。選手たちの最大の目標は、チャンピオンの座を獲得し、そしてロンジンの腕時計とトロフィーを持ち帰ることです。若い選手の育成プロジェクトのために、勝者の国のスキー連盟には小切手が授与されます。

また、同じ目的のために、ロンジンは再びロンジン ライジング スキー スター プライズを開催します。これは21才未満の女子スキーヤーと23才未満の男子スキーヤーに対して贈られる賞で、彼らはFISアルペンスキー ワールドカップで試合が行われます。2017/2018年シーズンの終わりには、2名の勝者にはそれぞれロンジンの腕時計、トロフィー、小切手が授与されます。

詳細を見る
Queen's Baton Relay - Visit of boutique; Commonwealth Games; 2017
2017-10-30
コモンウェルスゲーム
クイーンズ・バトン・リレー - シンガポールにあるロンジンのブティックに到着

ロンジンはマリーナベイ・サンズ ブティックで金曜日の夜、2018年コモンウェルスゲームズのゴールドコースト大会(Gold Coast 2018 Commonwealth Games)のクイーンズ・バトン・リレーを出迎えました。地元のアスリートやコモンウェルスゲームズのシンガポール委員も立ち合い、大会のシンボルの到着を心から祝福しました。リレーが次に向かうのは、2018年4月4日から15日までゲームが開催されるオーストラリア東海岸です。

クイーンズ・バトン・リレーは、3月にバッキンガム宮殿からスタートしてエリザベス2世女王陛下からアスリートたちに向けられたお言葉を運ぶもので、大会の開会式ではそのメッセージが読み上げられる予定です。このバトンは現在、英連邦に所属する71の国や地域を通過しているところで、その距離は23万㎞におよびます。

シンガポールチームの水泳選手、Roanne Ho氏のほか、ゴールドコーストの市議会議員でもあるトム・テイト市長、ロンジン・シンガポールのブランドマネージャー、Jas Guo氏 もゲームのシンボルの旅に参加し、マリーナベイ・サンズ ロンジンブティックへの到着と出発を歓迎しました。トム・テイト市長は、「ゴールドコーストは興奮と誇りを胸に2018年コモンウェルスゲームズを開催いたします。来年4月には世界中の皆様をお迎えすることを心待ちにしています」と挨拶しました。%break%

ロンジンはコモンウェルスゲームズのシンガポール委員会と共同でこのイベントを開催。ロンジンのブティックにバトンを運ぶ走者としてシンガポールのアスリートの1人を招待しました。「クイーンズ・バトンがシンガポールに到着し、非常に興奮しています。また、公式タイムキーパーのロンジンがこのイベントに参加していただいたこともうれしく思っています。シンガポールチームは2018年コモンウェルスゲームズの素晴らしい大会を楽しみにしているとともに、シンガポール国民によるサポートも期待しています」と、コモンウェルスゲームズ・シンガポールのクリス・チャン事務局長は語りました。

現在、クイーンズ・バトン・リレーはアジアを通過し、最後の目的地、ゴールドコーストまでの旅は継続中です。

この祝賀イベントの一環として、ロンジン ミュージアムのキューレーターが特別に10個の時計を選び、ミュージアムに展示します。展示期間は10月27日から11月末までです。 

ロンジンは光栄にも、クイーンズ・バトン・リレーの公式パートナーとなっています。また、2018年コモンウェルスゲームズのゴールドコースト大会の計時、スコアリング、得点記入の公式パートナーを務めるとともに、広範な複数スポーツ種目の公式タイムキーパー、陸上競技(トラック競技およびフィールド競技)、体操の成績発表パートナー、7人制ラグビーと卓球の共同成績発表パートナーも務めることになっています。

詳細を見る
New Longines Ambassador of Elegance, Canada, FIG,47th Artistic Gymnastics World Championships
2017-10-26
Corporate
内村航平、ロンジン エレガンスアンバサダーの名だたるファミリーの一員に

スイスの名門時計ブランド ロンジンは、このたびロンジン エレガンスアンバサダーに体操界のスーパースターである内村 航平選手を、日本人として初めて迎えました。内村航平選手は1989年1月3日に誕生し、元体操選手であった両親の指導により3歳で体操界入りしました。2007年には団体戦で日本代表メンバーとなり、パリで開催された世界大会では銅メダルという素晴らしい成績で上位デビューを果たしました。翌年には北京オリンピックに出場し、個人総合で銀メダルを手にし、日本が団体戦で第2位を獲得する快挙にも貢献しました。以来、内村選手はすべてのメジャー大会で勝利をおさめ、オリンピックの一期間中に全種目でタイトルを獲得した初の体操選手となりました。また、6つの世界選手権(2009年、2010年、2011年、2012年、2013年、2014年、2015年)で優勝し、オリンピック2大会(2012年ロンドンおよび2016年リオデジャネイロ)で金メダルを獲得するという2つの偉業を達成しました。内村選手の体操スキルは、「極めて高いパフォーマンスの難易度、この上ない一貫性、驚異的なエレガンスのコンビネーション」(International Gymnast Magazine)であると広く称賛されています。史上最高の体操選手として多くの人に認められている内村選手は、まさに体操界の生きたレジェンドと言えましょう

ロンジンのエレガンスアンバサダーとしての新たな「役割」について、彼は次のように述べています。「今回ロンジン エレガンスアンバサダーの一員になれたことを、大変光栄に感じています。体操界をグローバルにサポートしているロンジンは、エレガントなスポーツ競技と深い絆で結ばれている、世界でもトップクラスのブランドです。また、2011年、2013年、2014年に「ロンジン エレガンスアワード」を受賞したこともあり、非常に縁が深いブランドです。“Elegance is an attitude -エレガンス、それは私の意志-”を掲げているロンジンと共に未来を進むことが出来ることは、常にエレガントな演技を目指している私にとって大変大きな意味を持つことだと感じています。」

一般的にロンジンの体操競技との歴史の始まりは1912年にさかのぼります。この年に、ロンジンは革新的な電子計時システムを発表しました。また、ロンジンはFIGが開催する体操競技や新体操競技の大会で、20年以上にわたり公式パートナーと公式タイムキーパーを務めています。

詳細を見る
コンパレータに製品が追加されました!

比較する別のウォッチをお選びください

ウォッチは3点まで比較できます

コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:

コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています

OK

このアイテムを削除してもよろしいですか?

すべて削除してもよろしいですか?

キャンセル
OK