Go to Main Navigation Go to Content Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB fr fr-CH de de-CH es it it-CH ko pl zh-Hans zh-Hant ja ru th tr pt

Search

ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー モナコ; ジャンピング; 2019年
2019-06-29
障害飛越競技
2019年ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・モナコ

今週末、魅力あふれるモナコ・エルキュール港に世界トップの騎手と競走馬が集まり、今年もロンジンによるロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・モナコ(The Longines Global Champions Tour of Monaco)が開催されました。 このシリーズのタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めるスイス腕時計ブランドのロンジンは、この週末のハイライトの1つ、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・プリンス・オブ・モナコ・グランプリ(The Longines Global Champions Tour Grand Prix du Prince de Monaco)で、Beauville Z号に騎乗したマイケル・ファン・デル・フルーテン選手の勝利を計時する栄誉に預かりました。 オランダ出身のマイケル・ファン・デル・フルーテン選手には、その素晴らしいパフォーマンスを称えて、ロンジン副社長のチャールズ・ヴィロズよりロンジンのエレガントなタイムピースが贈られました。 この優勝によりマイケル・ファン・デル・フルーテン選手は、それまでのレースを勝ち抜いてきた強者たちが揃うロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・スーパー・グランプリ(The Longines Global Champions Tour Super Grand Prix)への10枚目のゴールデンチケットを手にしました。

金曜日の夕方には、この競技会の後援者であるシャルロット・カシラギが支援するロンジン プロ・アマカップ(The Longines Pro-Am Cup)で、Inigo Lopez de la Osa Franco号とローラ・クラウト選手が優勝を飾りました。 スピードとアジリティに焦点を当てたこの試合では、誰もが望むタイトルをめぐってアマチュア選手とプロ選手がともに競い合います。 ロンジンは、ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスを務めるジェーン・リチャード氏、ジュリア・トップス氏、ジャン・トップス氏のご令嬢から成るチームでこのレースに参加しました。

この馬術大会の観客には、この大会の公式ウォッチであるアイコニックなハイドロコンクェスト コレクションのモデルが披露されました。 このシリーズは、翼のついた砂時計をロゴとするロンジンの際立った特徴である、クラシカルなエレガンスと時計製造の卓越性を合わせ持っています。 ウォータースポーツの魅力的な世界からインスピレーションを得たこのコレクションのタイムピースには、カラーセラミック製のインサートが付いたベゼルが付属しています。これは文字盤のカラーとマッチしており、モダンなデザインとスポーティーなシルエットをもたらしています。

詳細を見る
Longines Global Champions Tour of Cascais-Estoril; Jumping; 2019
2019-06-23
障害飛越競技
Longines Global Champions Tour of Cascais-Estoril

The ninth leg of the Longines Global Champions Tour, of which Longines is the Title Partner and the Official Timekeeper, ended this Saturday in Cascais. The weekend’s highlight trial, the Longines Global Champions Tour Grand Prix of Cascais, was marked by the victory of Martin Fuchs on Chaplin. Longines was delighted to grant him an elegant timepiece as a reward for his great achievement.

 

This weekend of intense competition was the perfect occasion for Longines to present the Official Watch of the event, a model of the iconic HydroConquest collection, which combines technical excellence and traditional excellence, both distinguished hallmarks of the brand. This timepiece features a bezel enhanced with a coloured ceramic insert adding a touch of brilliance and modern styling.

詳細を見る
ロンジン ローザンヌ マスターズ; ジャンピング; 2019年
2019-06-23
障害飛越競技
ロンジン ローザンヌ マスターズ

ベルリーブにあるレマン湖の近くで4日間に渡って熱戦が繰り広げられた末、ロンジン マスターズ(Longines Masters)初のスイス大会は、日曜日に開催されて、有名選手が集結した待望のロンジン・グランプリ ローザンヌ(Longines Grand Prix of Lausanne)で幕を閉じました。 多くの人に感動を与えたこのレースでは、Sea Coast Pebbles Z号に騎乗したガドラン・パティート選手(ベルギー)が完全な勝利を手にしました。 第2位はElzas号に騎乗したジュリア・マルティネンゴ・マルケ選手(イタリア)、第3位はKatanga v/h Dingeshof号に騎乗したニコラ・フィリパーツ選手(ベルギー)となりました。

 

土曜の夜には、この週末の2番目に重要なレース、ロンジン・スピード・チャレンジ(Longines Speed Challenge)の参加者たちが、世界最速を競うことで有名なこのレースでスピードの限界に挑みました。 最終的に、エマニュエル・ガウディアーノ選手とCarlotta号のペアが、Evita号に騎乗したスティーブ・ゲルダット選手、Cristallo A LM号に騎乗したフィリップ・ロジエ選手を抑えて優勝を手にしました。

 

ロンジン ローザンヌ マスターズ(Longines Masters of Lausanne)のタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務める、スイス時計ブランドのロンジンは、主催のEEMと共にこの2人のベテラン騎手に大会トロフィーおよびエレガントなロンジンのウォッチを贈呈しました。

 

また、このスポーツとしてのパフォーマンスを競う馬術大会を観戦する観客には、ロンジン ローザンヌ マスターズの公式ウォッチであるアイコニックなハイドロコンクェスト コレクションのモデルが披露されました。 このシリーズは、翼のついた砂時計をロゴとするロンジンの際立った特徴である、クラシカルなエレガンスと時計製造の卓越性を合わせ持っています。 ウォータースポーツの魅力的な世界からインスピレーションを得たこのコレクションのタイムピースには、カラーセラミック製のインサートが付いたベゼルが付属しています。これは文字盤のカラーとマッチしており、モダンなデザインとスポーティーなシルエットをもたらしています。

詳細を見る
ロイヤルアスコット; フラットレース; 2019
2019-06-19
フラットレース
ロイヤルアスコット2019

今週、アスコット競馬場(英国)では一年で最も待ち望まれている世界的なスポーツイベント、ロイヤルミーティングが開催されました。 スイス時計ブランドのロンジンは、この格式あるフラットレースイベントで公式パートナー、公式タイムキーパー、公式ウォッチを務めています。

 

6月19日水曜日、ロンジンはアンバサダー・オブ・エレガンスのリン・チーリンを招き、ロイヤルミーティングの独特の雰囲気を味わっていただきました。 クイーンズヴェース(Queen’s Vase)レースでDashing Willoughby号が見事な勝利を収めた後、評価の高いアジア人女優リン・チーリンとロンジン副社長のリチャード・ストロマイヤーから、優勝馬の馬主(ミック&ジャニス・マリスコッティ)、調教師(アンドリー・ボールディング)、騎手(オイシン・マーフィー)、厩務員(アンジェラ・チェシャー)にエレガントなタイムピースが贈られました。 その後、プリンスオブウェールズ・ステークス(Prince of Wales’ Stakes)で優勝したCrystal Ocean号の馬主(エヴェリン&リン・ド・ロスチャイルド卿夫妻)、調教師代表、騎手(フランキー・デットーリ)、厩務員(コッラード・モラーレ)も、ウェールズ公とコーンウォール公爵夫人の手からエレガントなロンジンの時計を受け取りました。

 

洗練されたロイヤルミーティングに合わせ、ロンジンはロイヤルアスコットの公式ウォッチとして「レコード」コレクションのスティールとゴールドのモデルを紹介します。 クラシカルなエレガンスと卓越性を兼ね備えたこのシリーズは、比類のない特性を持つモノクリスタルシリコン製ヒゲゼンマイを備えたムーブメントを搭載しており、COSC(スイスクロノメーター検定協会)から「クロノメーター」認定を受けています。

 

ロンジンと乗馬の世界

ロンジンが乗馬の世界に傾ける情熱は1869年、ブランドが馬の頭部が描かれた最初の乗馬用懐中時計製造した年に遡ります。 数年後の1878年、ロンジンはクロノグラフムーブメントを開発、騎手と馬が刻まれたケースに収めました。 この種のタイムピースは競技を秒単位で計時できたことから、早くも1881年には競技場で見られるようになり、騎手と馬術競技ファンの間で高い人気を博しました。 現在、ロンジンが乗馬スポーツで関わっているのは、フラットレース、障害飛越競技、馬場馬術、馬車競技、総合馬術競技です。 ロンジンが乗馬スポーツの支援を選んだのは、それが伝統、エレガンス、パフォーマンスというブランドの中心となる価値観を見事に表しているからです。

詳細を見る
ロンジン バルヴェ オプティマム; ジャンピング; 2019年
2019-06-16
障害飛越競技
ロンジン バルヴェ オプティマム

先週、ロンジンは初めてロンジン バルヴェ オプティマム(Longines Balve Optimum)にタイトルパートナー、公式ウォッチ、公式タイムキーパーとして参加しました。 この障害飛越競技および馬場馬術の大会は1948年より毎年夏にドイツのバルヴェ市で開催されています。 今年、この乗馬イベントは6月13日から16日まで開催されました。

 

ロンジン社マーケティング部長のマシュー・バウムガートナーは次のようにコメントしています:「 我々はブランドとしてロンジン バルヴェ オプティマムをサポートすることを大変誇りに思います。 この新しいパートナーシップは、150年前まで遡ることができる我々の長きに渡る馬術競技の世界への情熱をより強化するものです。 特に、我々ロンジンとしては、馬術大会をサポートすることは我々の伝統の中核を成す価値観、エレガンスとパフォーマンスに一致するものとして非常に重要であると考えています。そして、この価値観はロンジン バルヴェ オプティマムによって見事に体現されています。」

 

6月16日の日曜日、馬場馬術騎手のイザベル・ワースと彼女が騎乗するEmilio 107号がロンジン・オプティマム大賞を獲得。 その後、フェリックス・ハスマンとその馬のCayenne WZ号がロンジン・オプティマム・障害飛越競技賞を受賞しました。 彼らの勝利を祝福して、ロンジンはこの2名の勝者にエレガントなタイムピースを贈呈しました。

 

バルヴェの観客たちには、この大会の公式ウォッチであるロンジン ハイドロコンクェスト コレクションのモデルを目にする機会が設けられました。 このシリーズは翼のついた砂時計をロゴとするブランドの特徴である、卓越した技術と伝統的なエレガンスを併せ持ち、ベゼルには優雅でモダンなスタイルを創り出すカラーセラミック製のインサートが付属しており、タイムピースの魅力をさらに引き立てています。

詳細を見る
ロンジン ディアヌ賞 馬術競技 2019年
2019-06-16
フラットレース
2019年ロンジン ディアヌ賞

ロンジンが9年連続でタイトルパートナーを務める待望のロンジン ディアヌ賞で、フランス人騎手のピエール=シャルル・ブド選手が騎乗したChannel号が、この牝馬限定の世界最高峰のレースで見事な勝利を収めました。 これを祝してスイスの時計メーカー、ロンジンが馬主、調教師、騎手に贈ったエレガントなタイムピースは、アンバサダー・オブ・エレガンスのサイモン・ベイカーの手からそれぞれに渡されました。 2012年以来ロンジン ファミリーの一員であるオーストラリア出身の名優、サイモン・ベイカーは、今年のロンジン ディアヌ賞で新たなアンバサダー・オブ・エレガンスとして紹介されました。

 

この誉れ高い壮麗なイベントで行われる9つものレースとともに、ロンジン ディアヌ賞は大きな感動を与え、集まったすべての乗馬ファンを喜ばせました。 イベントの公式タイムキーパーを務めるロンジンは、ロンジン・フューチャー・レーシング・スター賞(Prix Longines Future Racing Stars)とロンジン・レーヌ・マリー・アメリー賞(Prix de la Reine Marie-Amélie Longines)に関われることをとりわけ誇りに思っています。 前者は世界中の乗馬学校で学ぶ若い騎手を対象とするもので、後者はFEGENTRI(国際騎手連盟)の女性騎手が活躍する場となっています。 ロンジン・フューチャー・レーシング・スター賞ではEspionne号に騎乗するフランスのトマ・トゥルリエ選手が他を引き離し、ロンジン・レーヌ・マリー・アメリー賞ではBubble Brook号に騎乗するチェコのTereza Grbavcicova 選手がゴールを一番で駆け抜けました。 ロンジンから優勝した両選手にエレガントなロンジンのウォッチが贈られるとともに、トゥルリエ騎手には奨学金が授与されました。

 

第170回となるこのエレガントな競馬イベントでは、壮麗なシャンティイ競馬場が勝負服のカラフルなモチーフで彩られ、優美に装った観客の目を楽しませました。 ロンジンがパートナーであるフランスギャロとともに主催する「マドモワゼル ディアヌ ロンジン」賞は、最もエレガントな女性乗馬ファンに贈られます。 今年はアビゲイル・ロペス=クルスが審査員から優勝者に選ばれ、「レコード」コレクションのエレガントなタイムピースがサイモン・ベイカーの手から渡されました。

 

「レコード」コレクション–2019年公式ウォッチ

 

ロンジン ディアヌ賞は、「レコード」コレクションのステンレススティールとローズゴールドのモデルをイベントの公式ウォッチとして紹介する機会でもありました。 このコレクションのモデルはいずれもクラシックなエレガンスと時計製造の卓越性を兼ね備え、独特な性質を示すモノクリスタルシリコン製ヒゲゼンマイを採用したムーブメントを搭載、COSC(スイスクロノメーター検定協会)の“クロノメーター”認定を取得しています。

 

さらにこのコレクションは、土曜日の晩に壮麗なシャンティイ城の庭園で開催された特別イベントでも、ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスでハリウッドのスターのケイト・ウィンスレットとサイモン・ベイカーを迎え、華々しく披露されました。 この特別なイベントでロンジンは、アンバサダーの手首を飾る「レコード」コレクションのステンレススティールとローズゴールドのペアウォッチにスポットライトを当てました。ブランドの哲学–すべてのコレクションにおいて女性と男性のお客様に多彩な製品をご用意し、好みと個性にぴったりと合う品を見つけていただく–に見事に沿うタイムピースです。

詳細を見る
コンパレータに製品が追加されました!

比較する別のウォッチをお選びください

ウォッチは3点まで比較できます

コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:

コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています

OK

このアイテムを削除してもよろしいですか?

すべて削除してもよろしいですか?

キャンセル
OK