Go to Main Navigation Go to Content Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB fr fr-CH de de-CH es it it-CH ko pl zh-Hans zh-Hant ja ru th tr pt

Search

Kate Winslet auction; 3 watches sold; Golden hat foundation
2017-06-30
Corporate
「フラッグシップ ヘリテージ バイ ケイト・ウィンスレット」タイムピースのオークション終了

「フラッグシップ ヘリテージ バイ ケイト・ウィンスレット」のタイムピース3本のオークションが無事終了を迎えました。ロンジンは、英国女優ケイト・ウィンスレットが共同設立者として立ち上げたゴールデン・ハット財団への惜しみない支援をしてくださった寄付者の方々に心より御礼申し上げます。残りのタイムピースのうち、最初の1/5が記された1本はロンジン本社のあるスイスのサンティミエのロンジン ミュージアムに保管される予定です。もう1本の5/5のナンバーが入ったタイムピースはケイト・ウィンスレットに贈呈されました。


ゴールデン・ハット財団について

当財団は、自閉症に対する認識を向上させ、この疾患に対するアプローチや意識を改めて高めていくことを中心に立ち上げられました。言語の問題を伴う方も伴わない方も、自閉症スペクトルの重度の方も含めて、自閉症とされる方々に特別に重点をおいて活動しています。このような方たちは能力不足や知的障害を伴うと思われがちですが、実際には非常に素晴らしい才能に恵まれている方が多く、正常な知能を備えていながらも、その知能を表現するにふさわしいコミュニケーションの手段に恵まれていないだけなのです。 当財団のメッセージの中心は、自閉症とされる方々の能力に光を当てて、能力を発揮できるような機会を増やしていくことを提唱することにあります。

詳細を見る
Longines Paris Eiffel Jumping, LGCT of Paris; Jumping; 2017
2017-06-30
障害飛越競技
ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・パリ・エッフェル・ジャンピング

6月30日から7月2日の間、ロンジンは2017年ロンジン・パリ・エッフェル・ジャンピングを開催しました。昨年はセーヌ川岸のバガテル運動場に場所を移しての開催となりましたが、今年は再びパリ中心部のシャン・ド・マルス公園内の専用会場にて同大会を開催しました。トップレベルの障害飛越競技を素晴らしい環境で開催できるこの大会では、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・パリ・グランプリでUsual Suspect D’auge号に騎乗したジュリアン・エピラール選手が優勝しました。

 

このロンジン・パリ・エッフェル・ジャンピングはまた、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアーの第8戦でもあります。このツアーは、4月のメキシコシティに始まり、11月のカタールのドーハまで全15ステージが行われます。現在、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアーのランキングでは、185ポイントを獲得しているハリー・スモルダース選手が第1位、続いて180ポイントのクリスチャン・アールマン選手が第2位となっています。%break%毎年、ロンジン・パリ・エッフェル・ジャンピングは何千もの馬術競技ファンを魅了しています。4回目となる今年のロンジン・パリ・エッフェル・ジャンピングでも、ロンジンは観客の皆様をご招待し、回転木馬をお楽しみいただきました。

 

また、ロンジンは同大会の公式ウォッチとして、ロンジン マスター コレクションの新モデルを発表しました。このステンレススティール製の女性用時計には、ダイヤモンド インデックスを備えたブルーの「サンレイ」文字盤が付属しており、ブルーのアリゲーターストラップが取り付けられています。内部には自動巻ムーブメントが搭載されています。ロンジンを象徴するこのコレクションには、何世紀にも渡る時計製造の専門技術が注ぎ込まれています。

詳細を見る
the Longines Global Champions Tour; Monaco;Ingeborga Dapkunaite; 2017
2017-06-25
障害飛越競技
ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー モナコ

魅力あふれるモナコ・エルキュール港は、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー第7戦の素晴らしい会場となりました。本イベントのロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・プリンス・オブ・モナコ・グランプリでは、Cornetto K号に騎乗したアルベルト・ゾルジ選手が勝利を収めました。このイタリア人騎手の素晴らしいパフォーマンスを称え、ロンジン・エレガンス・アンバサダーである、インゲボルガ・ダプクナイテの手からロンジンの時計が授与されました。

 

トム・クルーズやブラッド・ピットらと共演した才能あふれる女優であるインゲボルガ・ダプクナイテは、モナコでの大会に参加するため土曜日にやってきました。自然なエレガンスに恵まれた彼女は、2005年から自身の魅力と気品をロンジンに捧げています。

 

金曜の夜に開催されたロンジン プロ・アマカップは、ルーシー・デイヴィスおよびFlo Fulton Millerの勝利で幕を閉じました。スイスの時計ブランドであるロンジンは、エレガンス・アンバサダーのジェーン・リチャード・フィリップスとその夫であるイグナス・フィリップスの二人構成のチームとともに参加しました。このチャリティー試合では、各チームとも世界トップクラスのプロ騎手と「アマチュア」騎手の2名で構成されています。

 

ロンジンはロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー モナコでも公式ウォッチを提供し、ブルーのサンレイの文字盤がきわだつロンジン マスターコレクションの新モデルを披露しました。このファッショナブルな色彩バリエーションは、マスターコレクションのクラシックで控えめな精神に完璧に則ったものとなっています。機械式自動巻ムーブメント搭載のエレガントなタイムピースには、ブルーのアリゲーターストラップがあしらわれ、インデックスにはダイヤモンドを配しています。

詳細を見る
Longines Global Champions Tour; Monaco; Jumping; 2017
2017-06-23
障害飛越競技
寛容とスポーツ - モナコ

モナコで今週末、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアーの第7戦を主催しました。金曜日の夜、プロとアマチュアの騎手がロンジン プロアマ・カップで競い合いました。各チームそれぞれ、プロ騎手一名と「アマチュア」騎手一名をそろえて参加しました。

2017年は、Boucherom号に騎乗したルーシー・デイヴィスとRio de la Grandiere号に騎乗したFlo Fulton Millerが勝利を収めました。ロンジンチームはロンジン エレガンス・アンバサダーのジェーン・リチャード・フィリップスと彼女の夫であるイグナス・フィリップスの二人で構成されていました。ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアーのタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーとして、土曜の夜に開催されるロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・プリンス・オブ・モナコ・グランプリで最高の騎手と最高の馬が見られることを楽しみにしています。

詳細を見る
FEI Nations Cup - Division 1 - Stichting CHIO Rotterdam; Jumping; 2017
2017-06-22
障害飛越競技
FEI ネーションズ カップ - ディビジョン 1 - スティヒティングCHIO ロッテルダム

6月23日金曜日、ロッテルダムにて、スウェーデンチームがFEI ネーションズ カップ ジャンピング ヨーロッパ ディビジョン 1リーグ第5戦において優勝を果たしました。日曜日に行われたロンジングランプリ・ポート・オブ・ロッテルダムでは、H&M All In号に騎乗したペダー・フレデリクソン選手(スウェーデン)が勝利しました。ロンジンはこの4日間の大会で公式タイムキーパーおよび公式ウォッチを務め、ロンジン イクエストリアン コレクションのレディースモデルを披露しました。

詳細を見る
Royal Ascot; Aksel Lund Svindal; June; 2017
2017-06-20
フラットレース
ロンジンがロイヤルアスコットで英国の伝統的衣装のエレガンスを祝福

6月20日火曜日、キングズ・スタンド・ステークスの優勝馬であるLady Aureliaのオーナーに授与すべく、ウィリアム王子、キャサリン妃(ケンブリッジ公爵夫妻)よりロンジンのエレガントな時計が手渡されました。それに先立ち同日、ロンジン副社長兼国際マーケティング統括者であるファン・カルロス・カペリからは、コヴェントリー・ステークス競馬場の勝者であるスティービー・ドナホー選手に腕時計が手渡されました。このレースを制した勝ち馬であるRajasinghe号の馬主、調教師、きゅう務員もまた洗練されたロンジンの腕時計を授与されました。加えて、2007年からロンジン・ファミリーとなったノルウェーのアルペンスキーチャンピオンであるアクセル・ルンド・スヴィンダル氏が会場に現れ、レース当日の会場を大いに盛り上げました。ロイヤルミーティング(ロイヤルアスコット)の初日は、クイーン・アン・ステークス、コヴェントリー・ステークス、セント・ジェームズ・パレス・ステークスにおいて、3つものレース記録が誕生しました -- そのすべてがイベント公式タイムキーパーであるロンジンにより記録されたものです。

ロンジンは昨年、アスコット競馬場とのパートナーシップ開始から10周年を迎え、本年も公式タイムキーパー、公式ウォッチであると同時にロイヤルアスコットの公式パートナーも務めています。このレースコースで、ゴール近くに設置されたブランド名を冠したクロノメーターなどにより、ブランドの魅力も引き上げられました。このイベントが最も特徴的なのは来場者の英国の伝統的かつエレガントな衣装です。本イベントはスイスの時計メーカーにとって、新モデルを披露する最適な機会となりました。サンレイ ブルーの文字盤を採用した、ロンジン マスター コレクションをご覧いただきました。これらのファッショナブルな色彩バリエーションは、このコレクションのクラシックで控え目な精神に完璧に則ったものとなっています。複数のサイズをご用意しており、男性も女性も、ご自身の腕に最も合うものを見つけることができます。

ロンジンの乗馬スポーツへの情熱は、騎手とその馬を刻印したクロノグラフを製造した1878年にさかのぼります。このモデルは1881年といった早い時代から競馬場で見られ、騎手や乗馬愛好家の間で非常に人気が高く、秒に至るまでのタイムパフォーマンスを可能にしました。1912年、ロンジンは初めて、国際的な障害飛越競技大会と提携しました。今日、ロンジンの乗馬スポーツへの関わりは、障害飛越競技、フラットレース、ドライビング、ドレッサージュ、そして総合馬術に及びます。

詳細を見る
コンパレータに製品が追加されました!

比較する別のウォッチをお選びください

ウォッチは3点まで比較できます

コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:

コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています

OK

このアイテムを削除してもよろしいですか?

すべて削除してもよろしいですか?

キャンセル
OK