Go to Main Navigation Go to Content Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB fr fr-CH de de-CH es it it-CH ko pl zh-Hans zh-Hant ja ru th tr pt

Search

the Longines Paris Eiffel Jumping; the Longines Global Champions Tour; The Longines Master Collection; Paris; May; 2017
2017-05-30
障害飛越競技
ロンジン・パリ・エッフェル・ジャンピング、今年は再びパリを代表する名所で開催

6月30日から7月2日までの期間、ロンジンは2017年ロンジン・パリ・エッフェル・ジャンピングを開催します。昨年はセーヌ川岸のバガテル運動場に場所を移しての開催となりましたが、今年は再びパリ中心部のシャン・ド・マルス公園内の専用会場にて同大会を開催します。ロンジンは、トップレベルの障害飛越競技を素晴らしい環境で開催できるこの大会のタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めることを誇りに思っています。

 

このロンジン・パリ・エッフェル・ジャンピングはまた、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアーの第8戦でもあります。このツアーは、4月のメキシコシティに始まり、11月のカタールのドーハまで全15ステージが行われます。毎年、ロンジン・パリ・エッフェル・ジャンピングは何千もの馬術競技ファンを魅了しています。4回目となる今年のロンジン・パリ・エッフェル・ジャンピングでも、ロンジンは観客の皆様をご招待し、回転木馬をお楽しみいただく予定です。

%break%

また、ロンジンは同大会の公式時計として、ロンジン マスター コレクションの新モデルを発表します。このステンレススティール製の女性用時計には、ダイヤモンド インデックスを備えたブルーの「サンレイ」文字盤が付属しており、ブルーのアリゲーターストラップが取り付けられています。内部には自動巻ムーブメントが搭載されています。ロンジンを象徴するこのコレクションには、何世紀にも渡る時計製造の専門技術が注ぎ込まれています。

詳細を見る
Team Italy streaks to victory at FEI Nations Cup™ Jumping presented by Longines in RomeTeam Italy streaks to victory at FEI Nations Cup™ Jumping presented by Longines in Rome, Longines, horses, victory
2017-05-28
障害飛越競技
イタリアチーム、ローマ開催のロンジン主催FEIネーションズカップ™ジャンピングを制す

スイスの時計ブランドロンジンは、第85回CSIOピアッツァ・ディ・シエナの公式パートナー、公式タイムキーパー、公式ウォッチとして、5月26日金曜日に開催されたロンジン主催のFEIネーションズカップ™ジャンピングにて、イタリアチーム(ピエールジョルジオ・ブッチ選手、アルベルト・ゾルツィ選手、ロレンツォ・デ・ルカ選手、ブルーノ・チミリ選手)の勝利を記録する栄誉を授かりました。さらに、5月28日日曜日には、ジャンビング競技のヨンナ・エクバーグ選手(スウェーデン)とアルベルト・ゾルツィ選手(イタリア)にロンジン エレガンス賞を授与しました。

ロンジンは、イタリアチームが勝利を飾ったロンジン主催のFEIネーションズカップ™ジャンピング ヨーロッパディビジョン1の第3試合、CSIOピアッツァ・ディ・シエナにおいて、栄えある公式パートナー、公式タイムキーパー、公式ウォッチを務めました。また、5月28日日曜日には、最もスタイリッシュな女性騎手および男性騎手として、ヨンナ・エクバーグ選手とアルベルト・ゾルツィ選手にロンジン エレガンス賞を贈りました。

%break% この国際的な障害飛越競技大会の観客には、公式ウォッチであるロンジン イクエストリアン コレクションのレディースモデルが披露されました。このコレクションは、馬術の世界のアイコニックな要素をイメージしたデザインになっています。アーチを想い起こさせる直径30mmのモデルで、ダイヤモンドをセットしたスティール製ケースにクオーツムーブメントが収められています。ブルースティールの針がマザー・オブ・パールの文字盤を引き立て、ダイヤモンドのインデックスによりさらに魅力的に仕上げられています。オーバーステッチを施したブラウンのレザーストラップ付きで、代表的な馬術ファッションにマッチします。

詳細を見る
Longines Handicap de las Americas; Moises González; Huitlacoche; Horse Racing; May; 2017
2017-05-27
フラットレース
ロンジンハンディキャップ・デ・ラス・アメリカス

Huitlacoche号に騎乗したモイゼス・ゴンザレス選手が、メキシコシティのイポドロモ・デ・ラス・アメリカス競馬場で開催されたロンジンハンディキャップ・デ・ラス・アメリカスで、連続4度目の勝利を飾りました。勝利馬主、調教師、騎手には、ロンジンメキシコのブランドマネージャー、エディス・チャベスより、エレガントなロンジンウォッチが授与されました。

同日、スイスの時計ブランド、ロンジンは、ファビオラ・ゴメスをレースに訪れた中で最もエレガントな女性として讃え、ロンジン エレガンス賞を授与。美しいロンジンウォッチを贈りました。ロンジンは、ロンジンハンディキャップ・デ・ラス・アメリカスのタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めるとともに、光栄にもイベントの公式ウォッチであるロンジン ドルチェヴィータ コレクションのモデルを提供しています。

詳細を見る
Longines Global Champions Tour; Rolf-Göran Bengtsson; Hamburg; Jumping; 2017
2017-05-24
障害飛越競技
ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー ハンブルグ

土曜日の夕方に行われた、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー ハンブルグの週末のハイライト試合にて、ロルフ=ヨーラン・ベントソン選手が勝利を飾りました。スウェーデン出身のベントソン選手には、ハンブルクのロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・グランプリでの見事なパフォーマンスを讃えて、ロンジン副社長のカルロス・ヴィロスからロンジンウォッチが贈られました。ロンジンは、この、4月のメキシコに始まり、11月のドーハに終わる、15都市で15試合が開催されるシリーズにおいて、光栄にもタイトルパートナーおよび公式公式タイムキーパーを務めます。

 

スイスの時計ブランド、ロンジンは、イベントの公式ウォッチである、ロンジンの馬術競技への情熱にインスパイアされたシリーズ、ロンジン イクエストリアン コレクションのモデルも提供しています。このタイムピースは、スイスのフランシュ・モンターニュ地方の馬の馬具に見られる長方形のバックルのラインを模したものです。

詳細を見る
Lindbergh flight ; 90 years ago;transatlantic flight;Charles Lindbergh
2017-05-21
Corporate
90年前、ロンジンが計時したのは驚くべき初の単独…

1927年5月20日午前7時52分(ニューヨーク時間)、「スピリット・オブ・セントルイス号」がルーズベルト空港を離陸。到着地:パリ近くのル・ブルジェ空港。操縦席:若きアメリカ人パイロットのチャールズ・A・ リンドバーグ。33時間半後に、リンドバーグは初の単独直行便で大西洋を横断するフライトを完遂し、ル・ブルジェ空港に着陸しました。それは歴史的偉業でした。World Air Sports Federationの公式タイムキーパーを務めるロンジンが、リンドバーグの飛行時間を計測し、それを航空記録のリストに追記したことで、この勇敢な行為が世に認められることとなりました。

その後まもなくチャールズ・リンドバーグは、飛行士としての自分のニーズを満たす設計の腕時計を開発してほしいと、ロンジンに連絡を取りました。こうしてスイス腕時計メーカーであるロンジンの歴史上まぎれもないアイコンとなる「ロンジン アワー アングル ウォッチ」が誕生しました。ロンジンと協力してリンドバーグ自身がデザインしたこのウォッチは、長距離飛行中に正確な経度を測定できます。これにより、パイロットとナビゲーターは、迅速かつ効率的に素晴らしい精度で地理的な位置を読み取ることができます。この格別に優れたタイムピースは、2002年にロンジンが復刻させ、今なおアイコニックなヘリテージモデルのひとつとなっています

今年はチャールズ・リンドバーグの驚くべき偉業とその計時から90周年を迎えることとなり、ロンジンはこれを祝して特別な記念レセプションを l'Oiseau Blancで開催し、エアショーパイロットの世界チャンピオンを2回獲得しAero Club of Franceの代表取締役を務めるCatherine Maunouryや、米国大使館のColonel Jack Aalborg、、ロンジン副社長兼国際マーケティング統括のファン・カルロス・カペリが出席しました。会場の皆様にはロンジンとチャールズ・リンドバーグとの絆を思い出していただき、また製造番号入りの90本限定製造の伝説的タイムピースの新作モデル「Lindbergh Hour Angle Watch 90th Anniversary」も発表しました。この特別なチタン&スティール製のタイムピースは、歴史、冒険、時計製造業への情熱のあつい方々に向けて作られています。

「レイルトラック」式のミニッツサークルに時刻を表示する控えめなサテン仕上げのシルバーの文字盤には、彩色されたローマ数字によって魅力的に仕上げられ、経度を算出するための180°スケールを特徴としています。ガルヴァニック加工のブラックの回転式の中央の文字盤に、ブラックPVD加工のスティール製の回転ベゼルを併せたシステムです。オリジナルモデルに負けないほど印象的なこのモデルは、直径が47.5mmで、暗闇や当時の航空機ではごく普通であった激しい振動下でも視認性や操作性の高さを誇ります。現代の冒険家たちが手首につけたとき、それは垂涎の的となって注目を浴びるでしょう。
詳細を見る
Charles Lindbergh; New York; on May 20, 1927; 90 years ago
2017-05-20
Corporate
ロンジンは90周年を記念して…

90年前の1927年5月20日午前7時52分(ニューヨーク時間)、チャールズ・リンドバーグは「スピリット・オブ・セントルイス号」を離陸させ、初の単独直行便での飛行を行いました。World Air Sports Federationの公式タイムキーパーを務めるロンジンは当時、この功績を計時して保証しました。

それがスイス腕時計ブランドと伝説的なアメリカ人パイロットのチャールズ・リンドバーグとの物語の始まりでした。彼はまもなく長距離飛行中に正確な経度を測定できる腕時計の開発をしたいと、ロンジンに連絡を取りました。「ロンジン アワー アングル ウォッチ」の誕生でした。

詳細を見る
コンパレータに製品が追加されました!

比較する別のウォッチをお選びください

ウォッチは3点まで比較できます

コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:

コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています

OK

このアイテムを削除してもよろしいですか?

すべて削除してもよろしいですか?

キャンセル
OK