Go to Main Navigation Go to ariane Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB fr fr-CH de de-CH es it it-CH ko pl zh-Hans zh-Hant ja ru th tr pt

Search

ロンジン; 新しいオールセラミック; ロンジン ハイドロコンクェスト メキシコシティ
2019-04-12
Corporate
Longines launches the new all-ceramic version broadening Longines’ HydroConquest in Mexico City

4月12日金曜日、ロンジンはメキシコシティ近郊のポランコにあるパラシオ デ イエロ ブティックで行われた特別イベントにて、新たにオールセラミックバージョンのロンジン ハイドロコンクェストを発表しました。 世界で初めて、ロンジン副社長のチャールズ・ヴィロズより、このオールブラックセラミック製の新作タイムピースがゲストや一部メディアに披露されました。

ダイナミックな輪郭を持つこのウォッチは、最近ではカラーセラミックのインサートで魅力を高めたベゼルを特徴とするバリエーションが加わったラインを完成させるものです。 ブランドの卓越した技術と伝統的なエレガンスを併せ持つハイドロコンクェスト コレクションは、ウォータースポーツの世界からインスピレーションを得ています。

近年、ロンジンはカラーセラミックのインサートを採用したベゼルを特徴とするスマートなモデルを生み出し、ハイドロコンクェストラインに新たな輝きをもたらしました。 今日、ブランドはさらなる一歩を踏み出すべく、この卓越した素材を採用したオールブラックセラミック製モデルの文字盤にその化学成分、 ZrO2を高らかに表示します。 高性能で傷がつきにくいセラミックは、新しいハイドロコンクェスト ウォッチのスポーティーでモダンな装いに完璧に合う素材です。 その大胆さは、さらに部品ごとに異なる仕上げ加工で高められています。マット仕上げの文字盤、ポリッシュ仕上げのケース、サテン仕上げのラウンドベゼル、ケースバックにはサーキュラーサテン仕上げとマット仕上げを組み合わせました。

ロンジンが製造したスポーツウォッチのアイコン的な代表作、ハイドロコンクェスト コレクションは、大海原を愛する人々の期待に応えながらもスイス時計ブランドのエレガンスを忠実に守っています。 ダイバーウォッチの伝統的なスタイルを守りながらも、新しいハイドロコンクェストはスポーツならではの必要条件からインスピレーションを得たタイムピースとなっています。 300m防水、逆回転防止ベゼル、ねじ込み式リューズ、ダブルセーフティ フォールディングクラスプなどはすべてこのタイムピースのスタイルを強調する特徴です。

詳細を見る
ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・メキシコ; ジャンピング; 2019年
2019-04-12
障害飛越競技
Longines Global Champions Tour of Mexico 2019

ロンジンがタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めるロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー(Longines Global Champions Tour)の第2戦がこの日曜日に終了し、Quel Homme de Hus号に騎乗したベルギー出身のジェローム・ゲリー選手がロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・メキシコシティで見事な勝利を手にしました。 この偉業を称えて、ジェローム・ゲリー選手には、ロンジン社副社長のチャールズ・ヴィロズよりエレガントなロンジンのタイムピースが贈られました。

激しい戦いが繰り広げられたこの週末はまた、ロンジンにとってこのイベントの公式ウォッチを披露する絶好の機会となりました。このアイコニックなハイドロコンクェスト コレクションの新モデルは、ロンジンの際立った特徴である、卓越した技術と伝統的なエレガンスを併せ持っています。 ベゼルには、優雅でモダンなスタイルを作り出すカラーセラミック製のインサートが付属しており、タイムピースの魅力をさらに引き立てています。

4月12日金曜日、ロンジンはメキシコシティ近郊のポランコにあるパラシオ デ イエロ ブティックで行われた特別イベントにて、新しいオールセラミック製のロンジン ハイドロコンクェスト コレクションを発表しました。 世界で初めて、ロンジン副社長のチャールズ・ヴィロズより、化学成分のZrO2を誇らしげに表現した文字盤を備えた、オールブラックセラミック製の新作タイムピースが ゲストや一部メディアに披露されました。 高性能で傷がつきにくいセラミックは、新しいハイドロコンクェスト ウォッチのスポーティーでモダンな装いに完璧に合う素材です。 その大胆さはさらに部品ごとに異なる仕上げ加工で高められています。マット仕上げの文字盤、ポリッシュ仕上げのケース、サテン仕上げのラウンドベゼル、ケースバックにはサーキュラーサテン仕上げとマット仕上げを組み合わせています。

詳細を見る
ロンジン&IFHA国際功労賞; アワード; 2019年
2019-04-11
フラットレース
IFHA & Longines Award of Merit 2019

国際競馬統括機関連盟の公式パートナーおよび公式ウォッチを務めるスイス時計ブランドのロンジンは、2019年のロンジン&国際競馬統括機関連盟(IFHA)国際功労賞をオーストラリア人では初めて業界トップのジョン・メッサーラ騎手に贈呈できることを大変喜ばしく思います。

「ロンジン&IFHA国際功労賞受賞に心より感謝申し上げます、世界の同僚達から授与される賞ですから。私の過去40年にわたる仕事の大半は、オーストラリアの競馬とブリーディングを向上させること、そして世界中に我々の成功を伝えることに重きを置いてきました」とメッサーラ氏は語りました。 「特に献身的なサポートをしてくれた妻のクリスと4人の子供たち、アローフィールドの過去から現在までのチーム全員、レーシング・ニューサウスウェールズおよびレーシング・オーストラリアの役員幹部、そして素晴らしいレーシング担当大臣であられるジョージ・ソーリス閣下とトロイ・グラント閣下のお二方に感謝します。

また、たぐいまれな名家の首位種牡馬に恵まれてきたことが30年以上に及ぶ私のキャリアを形成し、オーストラリアのサラブレッド産業全体を方向付けてくれました。 デインヒル、リダウツチョイス、そして当代のスニッツェル–本当にありがとう。」

これまでの国際功労賞受賞者には、アイルランドのクールモアとバリードイル調教場の立役者であるマグナー家およびエイダン・オブライエン氏をはじめ、 伝説の日本人ジョッキー、武豊氏、長きにわたりフランスならびに世界の競馬界を牽引してきた著名なロマネ家、 トップクラスのアイルランド人調教師、馬主、ブリーダーであるジム・ボルジャー氏、 過去にチャンピオントレーナーとなった経験があり、先駆的な種馬飼育場であるケスネー牧場の創始者であるアレック・ヘッド氏、 アメリカの歴史あるクレイボーンファームのセス・ハンコック氏、南米サラブレッド振興機構(the South American organization for the promotion of Thoroughbreds:OSAF)の前チェアマンであった故マルセル・ザルール・アタナシオ氏が名を連ねています。

ロンジン&IFHA国際功労賞は、馬術競技界に多大な貢献を果たした人物を表彰するため、ロンジンとIFHAが2013年に創設した賞です。 IFHAの公式パートナー兼公式ウォッチを務めるロンジンは、この賞のほかにも、この分野の優れた才能をたたえる複数の賞をIFHAと協同で授与します。 受賞者は、各職種の代表者が出席するセレモニーで、年間を通しての活躍をたたえられる栄誉に輝きます。

「今夜は、当ブランドにとって大切なスポーツであるサラブレッド競馬にジョン・メッサーラ氏が果たしてきた多大な貢献を称えます」とロンジン社長のウォルター・フォン・カネルは述べました。「 乗馬界に対するロンジンの愛情は、実に一世紀半以上の歴史の中で着実に大きくなってきました。今日では、世界各地の施設や、競馬、障害飛越、耐久競技、ドレサージュ、馬車競技の各種試合のメインパートナーになりました。 さらに言えば、当社が乗馬スポーツにかける思いは、エレガンス、伝統、パフォーマンスという 共通の価値観に基づいているのです。 これは当社とIFHAとの長期に及ぶパートナーシップを見事に体現しています。」

ロンジンならびに国際競馬統括機関連盟の両代表はオーストラリアにてメッサーラ氏の功績を称えました。

IFHA会長、ルイ・ロマネ氏は次のように述べています。「私はジョン・メッサーラ氏をこの上なく尊敬しており、ここシドニーで第7回ロンジン&IFHA国際功労賞を発表できることは私個人にとって大変名誉なことであります。」「 最初の6つの賞の受賞者たちは21世紀のブリーディングおよびレーシングがダイナミックかつグローバルであることを裏付けています。 彼こそ2019年のロンジン&IFHA国際功労賞を受賞するにふさわしい人物です。」2019年のロンジン&IFHA国際功労賞を受賞したジョン・メッサーラ氏について

メッサーラ氏は30年以上にわたりオーストラリア競馬の立役者であり、現在はニューサウスウェールズ州にあるアローフィールドスタッドのオーナー兼会長を務めています。 オーストラリアで大きな成功を収め高い評価を得ている同牧場は、1985年に開設され、偉大な種牡馬デインヒルのキャリアを見出して購入し、種付けを開始しました。最近ではデインヒルの孫のスニッツェルのホームとなっています。

多くの肩書を持つメッサーラ氏は、レーシング・ニューサウスウェールズ会長(2011年12月-2016年12月)、レーシング・オーストラリア初代会長(2014年1月-2016年12月)、アジア競馬連盟副会長(2014-2016年)、サラブレッドブリーダーズ・オーストラリア社長(2007-2008年)、オズホース初代会長(2001-2008年)などを務めてきました。

メッサーラ氏はこれまでに、オーストラリアターフクラブのライフメンバーシップ(2016年)、サラブレッドブリーダーズ・ニューサウスウェールズの第1回ヒーロー賞(2011年)を授与されており、また、2008年にはオーストラリア政府よりオーストラリア勲章(AM)を受勲しています。

メッサーラ氏は1947年に生まれ、ニューサウスウェールズ大学で学んでいます。 1968年に同大学を卒業後、エドウィン・V・ニクソン & パートナーズ(アーサー・ヤング&Co)で公認会計士として勤務後、オーストラリア証券取引所のメンバー、ラルフ・キング&ユイルでスイスのジュネーブにヨーロッパ支社を設立しています。 1973年にオーストラリアに戻り、オーストラリア証券取引所のメンバーに選出されます。 

同年、メッサーラ氏は妻となるクリスティーンと結婚。 4人の子供に恵まれています: ルイーズ・メッサーラ博士; ポール・メッサーラ、グループ1のトレーナー兼マネージャー、アローフィールドスタッド; マイケル・メッサーラ、アローフィールドグループディレクター; スザンヌ・グレイ、メディアプレゼンター&プロデューサー

 

 

ロンジンについて

ロンジンは1832年にスイスのサンティミエで創業されました。 その時計製造の専門技術には、伝統、エレガンス、パフォーマンスに対する格別のこだわりがうかがわれます。 ロンジンは長年にわたり、世界的なスポーツ大会でのタイムキーパーや数多くの世界的なスポーツ連盟のパートナーとしての豊富な経験をもとに、スポーツ界との確固たる永続的な関係を築いてきました。 エレガントなタイムピースを生み出すことで有名なロンジンは、世界最大の時計メーカー、スウォッチグループのメンバーであり、 「翼の砂時計」のロゴで知られ、世界150ヵ国以上でブランドを展開しています。

国際競馬統括機関連盟(IFHA)について国際競馬統括機関連盟(IFHA)は、国際的なスポーツであるサラブレッド競馬のための代表的な組織です。 加盟しているのは、60のサラブレッドレースを開催する全世界の国営の競馬当局です。

IFHAの主な活動分野は以下のとおりです。

  • 競馬と生産および賭事に関する国際協約(International Agreement on Breeding, Racing and Wagering:IABRW)の作成および修正
  • 競走馬と騎手の福祉と安全性に関するポリシーの考案
  • 国際的なレース企画および格付け(「ブラックタイプ方式」)
  • 世界ランキング
  • 競走馬における禁止薬物と慣例の撲滅運動
  • レース当日の規則の統一化
  • IFHAリファレンスラボラトリーの認可
  • 競馬業界の商業的発展を世界的に奨励

IFHAは、国際乗馬スポーツ連盟(International Horse Sports Confederation)の国際馬術連盟(FEI)とともに創立会員であり、国際獣疫事務局(World Organisation for Animal Health:OIE)に属しています。

詳細を見る
new; all-ceramic version;Longines HydroConquest collection
2019-04-10
Corporate
フルセラミックのハイドロコンクエストが登場

昨年ロンジンは、ダイバーズウォッチであるハイドロコンクエストにカラーセラミックを
使用したベゼルを配した新作を発表しました。そして今年、ケース全体にブラック
セラミックを使用した最新作が登場します。文字盤には、それを証明する「ZrO2
(セラミックの原料である酸化ジルコニウムの化学式)」が記されており、またセラミック素材が持つ高い耐傷性は、この新作によりスポーティな要素を与えます。さらに、文字盤はマット、ケースはポリッシュ、ベゼルはヘアライン、そしてマットとヘアラインが組み
合わさったケースバック、というようにそれぞれのパーツで異なるセラミックの加工が
施されている点も特徴です。

 

ロンジンが作り出すスポーツウォッチの代表格として、ハイドロコンクエストは、その洗練されたデザインだけでなくダイバーズウォッチとしての性能も十分に兼ね備えています。300m防水機能を始め、単方向回転ベゼル、ねじ込み式リューズ、そしてダブルセーフティ フォールディングクラスプなど、このタイムピースに高い信頼性を与えています。%break%この3針カレンダー付ウォッチの43mmケース内には、ロンジンエクスクルーシブである
自動巻ムーブメントL888.3が搭載されており、インデックスおよび針には白色のスーパールミノバ®が塗布されています。最新のハイドロコンクエストにはブラックラバーの
ストラップと細かい調整が可能なバックルが付属されています。

 

この個性的で特徴的なフルセラミックモデルは、アクティブなライフスタイルを送る
すべての人の腕元を飾る、まさにアイコニックな1本です。

詳細を見る
2019年ロンジンFEIジャンピングワールドカップ™ファイナル ヨーテボリ大会; ジャンピング; 2019年
2019-04-07
障害飛越競技
Longines FEI Jumping World Cup™ Finals Gothenburg 2019

2019年4月7日にヨーテボリのスカンジナヴィアムで開催されたロンジンFEIジャンピングワールドカップ™ファイナル(Longines FEI Jumping World Cup™ Final)で、スティーブ・ゲルダット選手(スイス)とAlamo号が快勝を飾りました。 2位はClooney 51号に騎乗のマルティン・フックス選手(スイス)、3位はCatch Me Not S号に騎乗のペダー・フレデリクソン選手(スウェーデン)がそれぞれ獲得しました。ロンジンは、最終戦にいたるまでの2018-2019年シーズン中、公式パートナーとしてこうした選手たちの素晴らしいパフォーマンスの計時に携わったことを光栄に思います。 優勝から3位までの選手には、ロンジン社マーケティング部長のマシュー・バウムガートナーよりエレガントなロンジンのタイムピースが贈られました。

 

この週末、ロンジンはFEIドレサージュワールドカップ™ファイナル(FEI Dressage World Cup™ Final)にも携わりました。この競技では、エレガントな時間と感動的なスポーツの成果を楽しむことができました。 その名誉あるタイトルを獲得したのは、印象的な精度の高いパフォーマンスを見せたドイツのイザベル・ワース選手とWeihegold OLD号です。 2位と3位はVerdades号に騎乗のローラ・グレイヴス選手(米国)とDamsey FRH号に騎乗のヘレン・ランゲハネンベルク選手(ドイツ)が獲得。優勝選手とともに表彰台にのぼりました。

 

この最終戦は、大会の公式ウォッチであるアイコニックなハイドロコンクェスト コレクションの最新モデルを披露する最高の機会でもありました。このモデルには、卓越した技術、スポーティなシルエット、エレガントなスタイルが融合されています。 ロンジンは、2018年、このシリーズに新たなイメージのバリエーションを追加。ダイバーウォッチの伝統的なスタイルを守りながらも、スポーツならではの必要条件からインスピレーションを得たタイムピースとなっています。 ヨーテボリで披露されたモデルでは高性能なブルーのサンレイの文字盤を採用。ベゼルは、文字盤のカラーにマッチする革新的なセラミック製です。

詳細を見る
EEF; スノージャンピング; ロンジンおよびヨーロッパ馬術連盟がパートナーシップ契約を更新
2019-04-05
障害飛越競技
Longines and the European Equestrian Federation renew their collaboration

ロンジンとヨーロッパ馬術連盟(EEF)は、パートナーシップ契約の更新を発表いたします。 両者はこの新しい契約によって、馬術スポーツの発展と、フェアで安全な競技である馬術の価値向上という目標を、騎手と競走馬の繁栄を重視しつつ、引き続き追究していきます。 2015年より、スイス時計ブランドであるロンジンは、EEFの公式パートナー、公式ウォッチを務めています。また、ロンジン EEF ランキングおよびロンジン ブラザーフッド プログラムのタイトルパートナーも務めています。

 

EEF会長のテオ・プルフメーカーズ氏は、パートナーシップの延長について次のようにコメントしています。 「EEFの公式パートナーであるロンジンとの契約の延長を発表できることを喜ばしく思います。 ロンジンは、歴史的に乗馬の世界に関わっていることで有名であり、このパートナーシップは、ヨーロッパの馬術スポーツを振興させるという私たちの使命を強力にサポートします。」

 

ロンジン社マーケティング部長のマシュー・バウムガートナーは次のように付け加えています。 「私たちは、公式パートナーかつ公式ウォッチとして、EEFとパートナーシップを更新したことを大変誇りに思っています。 大陸をまたいだスポーツの発展に寄与するとともに、このパートナーシップは、馬術の世界への長きに渡る取り組みを強化します。」%break%ロンジンの馬術の世界との関わりは、誇り高い馬の頭を彫り込んだポケットウォッチを製造した1869年に遡ります。 1912年には、ポルトガルで開催された国際的な障害飛越競技大会のパートナーを努めています。 今日、ロンジンの乗馬スポーツへの関わりは、障害飛越競技、フラットレース、馬場馬術、馬車競技そして総合馬術に及びます。

 

EEFは進歩的な独立した団体であり、全ヨーロッパで、馬術が最大限発展することを目標に活動しています。 2013年にエッセン(ドイツ)で発足したEEFブラザーフッド プログラムは、専門知識の継承を促進することを目的としています。このプログラムでは、先進的な国内競技連盟(NF)が同地域の他のNFに技術や理論、運営面でのサポートを提供します。 プログラムの条件の下では、提供するNFは受領する側になることもできます。

詳細を見る
コンパレータに製品が追加されました!

比較する別のウォッチをお選びください

ウォッチは3点まで比較できます

コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:

コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています

OK

このアイテムを削除してもよろしいですか?

すべて削除してもよろしいですか?

キャンセル
OK