Go to Main Navigation Go to ariane Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB fr fr-CH de de-CH es it it-CH ko pl zh-Hans zh-Hant ja ru th tr pt

Search

ホワイトターフ - レース2日目 馬術競技 2019年
2019-02-10
フラットレース
ホワイトターフ - レース2日目

2月10日、ホワイトターフ サンモリッツ大会のレース2日目となる日曜日に行われたロンジン・グランプリで、デニス・シールゲン選手が騎乗したBerrahri号が勝利を収めました。計時はロンジンが担当しました。ロンジンは、光栄にも公式パートナー兼公式タイムキーパーおよび公式ウォッチを務めています。 ロンジン・グランプリは、2月17日に開催予定のロンジン主催第80回グランプリ オブ サンモリッツ(Longines 80.Grosser Preis von St. Moritz)の予選です。

 

ホワイトターフ サンモリッツ大会は、1907年以降、有名な観光地のグラウヒュンデン州にある凍結した湖で、毎年2月の日曜日に3週間にわたって開催されています。 毎年3万人を超える観客を集めるこの大会は、スポーツイベントとして、そして社交の場として、エンガディンの冬のハイライトとなっています。 今年のこのイベントは、第80回目となるグランプリ オブ サンモリッツを迎え、2月3日、10日、17日に開催されます。

 

このイベントの公式ウォッチは「レコード」コレクションのエレガントなモデルです。 このコレクションはクラシカルなエレガンスと卓越性を融合し、ブランドの最高峰を目指すシリーズです。 各キャリバーには、他に類をみない特性を備えたシングルクリスタルシリコン製ヒゲゼンマイと、スイス公式検定協会(COSC)に認められた“クロノメーター”が採用されています。

詳細を見る
ロンジンFEIジャンピングワールドカップ西ヨーロッパリーグ - ジャンピング ボルドー; ジャンピング; 2019年
2019-02-10
障害飛越競技
ロンジンFEIジャンピングワールドカップ西ヨーロッパリーグ - ジャンピング ボルドー

スイス腕時計ブランドのロンジンは、ロンジンFEIジャンピングワールドカップシリーズのタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーとして、Tobago Z号に騎乗したドイツ出身のダニエル・ドイサー騎手が西ヨーロッパリーグのボルドー大会で勝利を収め、第2位にはIron Man van de Padenborre号に騎乗したベルギー出身のグレゴリー・ワザレット騎手、第3位にはRokfeller de Pleville Bois Margot号に騎乗したスペイン出身のエドゥアルド・アルバレス・アスナール騎手が入賞したことを誇りに思います。 ロンジンは、ダニエル・ドイサー騎手にエレガントなタイムピースを贈り、その素晴らしい功績を讃えます。

週末にかけて、ロンジンは本大会の公式ウォッチである「コンクエスト V.H.P.(Very High Precision:超高精度)」モデルをハイライトしました。このタイムピースは、優れた精度、高度な専門性、ブランドならではの優美さを備えるスポーティなデザインを融合させた、クオーツの分野における新たな成果を体現しています。 シルバーの文字盤が目を引くこのウォッチは、超精密ムーブメント(±5秒/年)を採用。パーペチュアルカレンダーも備えています。
 

ロンジンFEIワールドベスト ジャンピング ライダー&ホース賞

さらに、ロンジンと国際馬術連盟(FEI)は、馬術への優れた功績を称えるため、 2018年に世界で最も高評価を得た馬と騎手に、ロンジンFEIワールドベスト ジャンピング ホース&ライダー賞を授与しました。 スイス出身のスティーブ・ガーダット騎手は、2018年の主要なジャンピング大会で他の騎手を圧倒し、同年のロンジンランキングで合計3050ポイントを獲得し、2995ポイントのハリー・スモルダース騎手(オランダ)と2936ポイントのマーカス・アーニング騎手(ドイツ)を抑えてランキングトップに立ちました。 一方、世界馬術選手権におけるその素晴らしい勝利を称えて、スウェーデンの牝馬であるAlbfuehren’s Bianca号に2018年ロンジンFEIワールドベスト ジャンピング ホース賞が授与されました。

スティーブ・ガーダット騎手とAlbfuehren’s Bianca号の代表者には、ロンジンフランスブランドマネージャーのフレデリック・ボンドゥーと、FEIスポンサーシップ&イベント管理マネージャーのアリックス・ロッシ氏より、ロンジンのエレガントなタイムピースと、ブランドのエンブレムである翼のついた砂時計をモチーフとした、豪華なクリスタル製トロフィーのレプリカが贈られました。

FEIのトップパートナーであるロンジンは、2019年4月3~7日に開催される注目のロンジンFEIジャンピングワールドカップ™ファイナルで、世界最高峰の騎手たちと馬たちの素晴らしい活躍を期待しています。

詳細を見る
ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンス; アクセル・ルンド・スビンダル; 類いまれなキャリア
2019-02-09
アルペンスキー
ロンジン、アンバサダー・オブ・エレガンスのアクセル・ルンド・スビンダルをその類いまれなキャリアで称賛

FISアルペンスキーワールドカップで17年のキャリアを誇る、ノルウェー人スキーチャンピオンのアクセル・ルンド・スビンダルが今日、2019年FISアルペンスキー世界選手権オーレ大会にて自身最後となるレースに参加し、待望のダウンヒルレースで第2位に輝きました。

2007年よりスポーツにおけるロンジンのエレガンスを体現してきたアクセル・ルンド・スビンダルは、今日までにFISアルペンスキーワールドカップで386レースを完遂、36勝を称えました。 彼の最大の功績には、2006/07年および2008/09年シーズンのFISアルペンスキーワールドカップでの総合優勝、FISアルペンスキー世界選手権での5つの金メダル、2010年オリンピックのスーパー大回転での優勝、2018年平昌オリンピックのダウンヒルでの優勝などが挙げられます。

そのキャリアの中で、アクセル・ルンド・スビンダルは、特に2016年キッツビュールでの衝撃的なクラッシュなど、重傷を喫した後に見事なカムバックを果たすという驚くべき復活劇を見せました。
詳細を見る
ホワイトターフ - レース初日 馬術競技 2019年
2019-02-03
フラットレース
ロンジン、ホワイトターフ サンモリッツ大会のレース初日となる日曜日に計時を担当

スイス時計メーカーのロンジンは、ホワイトターフ サンモリッツ大会(White Turf St. Moritz)のレース初日となる日曜日に計時を担当しました。ロンジンは、同大会の公式パートナー、公式タイムキーパー、公式ウォッチを務めています。 また、St. Moritz Racing Association(サンモリッツ レース連盟)とのパートナーシップの一環として、ロンジンは、 2月17日に開催予定のロンジン主催第80回グランプリ オブ サンモリッツ(Longines 80.Grosser Preis von St. Moritz)の予選であるグランプリ ロンジン(Grand Prix Longines)というこの日一番の注目レースのタイトルパートナーも務めました。

 

このグランプリ ロンジンでは、New Agenda号に騎乗したデニス・シールゲン選手が優勝しました。準優勝はFiesta号に騎乗したビュルギン・ティム選手、3位はBerrahri号に騎乗したラファエル・リング選手となりました。

 

ホワイトターフ サンモリッツ大会は、1907年以降、有名な観光地のグラウヒュンデン州にある凍結した湖で、毎年2月の日曜日に3週間にわたって開催されています。 毎年3万人を超える観客を集めるこの大会は、スポーツイベントとして、そして社交の場として、冬のハイライトとなっています。 今年のこのイベントは、第80回目となるグランプリ オブ サンモリッツを迎え、2月3日、10日、17日に開催されます。

 

このイベントの公式ウォッチは「レコード」コレクションのエレガントなモデルです。 このコレクションはクラシカルなエレガンスと卓越性を融合し、ブランドの最高峰を目指すシリーズです。 各キャリバーには、他に類をみない特性を備えたシングルクリスタルシリコン製ヒゲゼンマイと、スイス公式検定協会(COSC)に認められた“クロノメーター”が採用されています。

詳細を見る
ロンジンFEIワールドカップ ジャンピング北米リーグ - ウェリントン アルペンスキー 2019年
2019-02-03
障害飛越競技
ロンジンFEIワールドカップ ジャンピング北米リーグ - ウェリントン

2019年2月3日日曜日、ロンジンFEIワールドカップ™ジャンピング北米リーグ(Longines FEI Jumping World Cup™ North American League)がウェリントンで開催され、Carlchen W号に騎乗した米国人騎手のアレックス・グラナート選手が勝利を収めました。 2位はBardolina号に騎乗したマリオ・デスローリアーズ選手(カナダ )、3位はDsarie号に騎乗したビート・マンドリ選手(スイス)となりました。 その素晴らしい勝利を称え、優勝したアレックス・グラナート選手にはスイス高級時計ブランドであるロンジンのエレガントなタイムピースが贈呈されました。


さらに、ロンジンFEIワールドカップ™ジャンピング北米リーグのタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めるロンジンは、この大会の公式ウォッチとしてコンクエスト V.H.P.(Very High Precision:超高精度)モデルを発表しました。このタイムピースは、優れた精度、高度な専門性、スポーティなデザインを融合させた、クオーツの分野における新たな成果を体現しています。
詳細を見る
FEGENTRI総会およびロンジン・ワールドFEGENTRI男性および女性騎手チャンピオンシップ授賞式 馬術競技 2019年
2019-02-02
フラットレース
2019年FEGENTRI総会およびロンジン・ワールドFEGENTRI男性および女性騎手チャンピオンシップ授賞式

スイス腕時計ブランドのロンジンは、今年も、サンモリッツで開催された2019年FEGENTRI(国際騎手連盟)総会のガラ・ディナーに参加するという栄誉を得ました。 ガラ・ディナーでは、ロンジンを代表して出席したロンジン ブランドマネージャー(スイス)のクリストフ・ジェネレットと、FEGENTRI会長Elie Hennau氏が、2018年ロンジン・ワールドFEGENTRIチャンピオンシップ女性騎手優勝者のリリーマリー・エンゲルス選手(ドイツ)と、2018年ロンジン・ワールドFEGENTRIチャンピオンシップ男性騎手優勝者のアルベルト・ベルトン選手(イタリア)を表彰しました。 両選手には、その偉大なパフォーマンスを称えて、ロンジンのタイムピースが贈られました。%break%ロンジンは、乗馬の世界に深く携わるブランドとして、アマチュア騎手を支援するとともに、FEGENTRIの公式パートナーおよび公式ウォッチを務めています。 ワールドFEGENTRI男性および女性騎手チャンピオンシップと、これに伴うランキング、ロンジン・ワールドFEGENTRIチャンピオンシップ女性騎手ランキングおよびワールドFEGENTRIチャンピオンシップ男性騎手ランキングにもその名を冠しています。

詳細を見る
コンパレータに製品が追加されました!
比較する別のウォッチをお選びください ウォッチは3点まで比較できます
コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:
コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています
OK
このアイテムを削除してもよろしいですか? すべて削除してもよろしいですか?
キャンセル
OK