Go to Main Navigation Go to Content Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB fr fr-CH de de-CH es it it-CH ko pl zh-Hans zh-Hant ja ru th tr pt

Search

FIS Alpine Ski World Cup Men - Kitzbüehl; Alpine Skiing; 2019
2019-01-27
アルペンスキー
FISアルペンスキー世界選手権 男子 - キッツビュール 2019

FISの公式パートナーおよびタイムキーパーであるロンジンは、今週末キッツビュールで開催されたハーネンカム レース(Hahnenkamm races)で、その専門技術を駆使して計時を務める栄誉に預かりました。ダウンヒル レースはドミニク・パリス選手(イタリア)、スラローム レースはクレマン・ノエル選手(フランス)、スーパーG レースはヨゼフ・フェルストル選手(ドイツ)がそれぞれ勝利を手にしました。


これとは別に、ロンジンはキッツチャリティー トロフィー(Kitz-Charity Trophy)へのサポートも行いました。これは、難関コースのシュトライフでプロのスキーヤーと著名人が競い合うレースで、その収益は北、東、南チロルの農家を支援するために寄付されます。

 
詳細を見る
Longines FEI Jumping World Cup Western European League - Amsterdam; Jumping; 2019
2019-01-27
障害飛越競技
ロンジンFEIジャンピングワールドカップ™ 西ヨーロッパリーグ - アムステルダム

2019年1月27日、アムステルダムで開催されたロンジンFEIジャンピングワールドカップ(Longines FEI Jumping World Cup)で、Toveks Mary Lou号に騎乗したスウェーデン人騎手のヘンリック・フォン・エッカーマン選手が優勝しました。2位にはCortney Cox号に騎乗したピウス・シュヴァイツァ選手(スイス)、3位にはTobago Z号に騎乗したドイツのダニエル・ドイサー選手が続きました。ロンジンFEIジャンピングワールドカップ™ 西ヨーロッパリーグシリーズのタイトルパートナー兼公式タイムキーパーならびに公式ウォッチを務めるスイス時計ブランドのロンジンは、ヘンリック・フォン・エッカーマン選手の勝利をたたえ、エレガントなタイムピースを贈呈しました。

詳細を見る
Longines FEI Jumping World Cup North American League - Guadalajara; Jumping; 2019
2019-01-27
障害飛越競技
ロンジン FEI ジャンピングワールドカップ™ 北米リーグ - グアダラハラ

2019年1月27日、グアダラハラ カントリークラブで開催されたロンジンFEIジャンピングワールドカップ™ 北米リーグ(Longines FEI Jumping World Cup North American League)で、Big Red号に騎乗したメキシコ人騎手のサルバドール・オニャーテ選手が故郷の地で優勝しました。第2位にはV.I.P.号に騎乗したスペインのパオラ・アミリビア選手が、第3位にはD Amour From Second Life Z号に騎乗したシモン・ニズリ選手(イスラエル)が入賞しました。

 

その素晴らしい勝利を称え、優勝選手にはロンジンのエレガントな腕時計が贈呈されました。スイス時計ブランドのロンジンは、ロンジンFEIジャンピングワールドカップ™ 北米リーグシリーズのタイトルパートナー兼公式タイムキーパーならびに公式ウォッチを務めています。

詳細を見る
Aishwarya Rai Bachchan, Kuwait, boutique opening, first boutique in Kuwait
2019-01-24
Corporate
ロンジンがクウェート初のロンジン ブティックをオープン、アイシュワリヤー・ラーイ・バッチャンが出席

水曜日、ロンジンは有名な「ザ・アベニュー」モール内に新しいクウェート ブティックをオープンしました。この特別なイベントを祝福するため、ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスを務めるアイシュワリヤー・ラーイ・バッチャンが登場し、ロンジン社副社長のチャールズ・ヴィロズ、ロンジン中東のブランドマネージャーのパトリック・アウン、ベーベハニグループの代表取締役社長であるアリ・モラド・ベーベハニ氏らと共にテープカット セレモニーを行いました。
 

世界で最も美しい女性の一人と言われるボリウッドのスーパースター、アイシュワリヤー・ラーイ・バッチャンは、20年もの間、ロンジンの「Elegance is an attitude~エレガンス、それは私の意志~」というモットーを体現し続けています。ダイヤモンド インデックスを備えたブルーのサンレイ文字盤が付属したロンジン マスター コレクション ブルー エディションを身に着けた彼女の存在は、このオープニング セレモニーに魅惑的で洗練された雰囲気をもたらしました。
 

この席上で、ロンジン社副社長のチャールズ・ヴィロズは次のように述べています。「このような素晴らしい場所にロンジン初のクウェート ブティックをオープンすることができ、とても光栄に思っています。ロンジンの伝統的な価値観が反映されたエレガントな環境で、お客様にロンジンのさまざまなコレクションをご覧いただく機会をご提供できることを嬉しく思います。」
 

続いて、ベーベハニグループの代表取締役社長であるアリ・モラド・ベーベハニ氏は次のように述べています。「ロンジンはクウェート市場でとても高く評価されており、ザ・アベニューに自身のブティックをオープンさせることは極めて大きな出来事です。私たちはお客様にクウェートで最高のショッピング体験をご提供できるように努力してまいります。」
 

新しいブティックは、ロンジンの伝統的な価値観を現代的に解釈したものであり、ブランド生来のエレガンスと技術革新を融合する能力を表現しています。クリスタルのように透明なファサードによって、店内を余すところなく眺めることができ、空間が明るく照らしだされます。専用コーナーでは、ロンジンの長年の馬術競技への関りを反映した、ロンジン イクエストリアン コレクションをご覧いただけます。

詳細を見る
Longines Hahnenhkam Future Champions; Alpine Skiing; 2019
2019-01-24
アルペンスキー
ロンジン ハーネンカム フューチャー チャンピオンズ

スイス時計ブランドのロンジンは、FIS アルペンスキー ワールドカップ(FIS Alpine Ski World Cup)の開催に合わせて、キッツビューエル スキークラブが主催するロンジン ハーネンカム フューチャー チャンピオンズ大会(Longines Future Hahnenkamm Champions race)にブランド名を関することを光栄に思っています。女子3名、男子3名で構成される、7か国(オーストリア、クロアチア、チェコ共和国、ドイツ、リヒテンシュタイン、スロベニア、スイス)の9チームが、同日にジャイアントスラロームとスラロームレースが行われるこの国際的な大会に参加しました。オーストリア チーム1が優勝し、2位はドイツ チーム、3位はチロル チームとなり、それぞれにエレガントなロンジンのタイムピースが贈られました。

詳細を見る
Longines World's Best Racehorse & Best Race 2018; Horse Racing; 2019
2019-01-23
フラットレース
2018年のロンジン ワールド ベスト レースホース&ベスト レース

1月23日水曜日、ロンジンとその長年のパートナーである国際競馬統括機関連盟(IFHA)は、2018年のロンジン ワールドベスト レースホースとロンジン ワールド ベスト ホースレースの表彰式をロンドン(英国)で開催しました。どちらも同じ130ポンドのレーティングを獲得したWinx号とCracksman号が、2018年のロンジン ワールド ベスト レースホース賞に輝きました。

 

Winx号は、2015年からロンジン ワールド ベスト レースホース ランキングでトップ10入りを続けており、2016年からは牝馬として世界最高のレーティングを獲得し続けています。2018年には、Winx号は史上初となるラドブロークス コックスプレート(Ladbrokes Cox Plate)で4度目の優勝を飾り、シーズンを通して最高の勝率を誇る馬としての栄誉に預かることになりました。

 

同率1位となったCracksman号は、ロンジンがメインパートナーおよび公式タイムキーパーを務める、アスコットで開催されたブリティッシュ チャンピオンズデー(British Champions Day)のQIPCOチャンピオンステークス(QIPCO Champion Stakes)で、大変印象に残る、Cracksman号らしい勝利を収めています。Cracksman号は、2015年に世界中の芝レースで最高の勝率を誇る馬となったGolden Horn号と同チームで遠縁にあたります。2018年のCracksman号の騎手はフランキー・デットーリ選手で、彼は2015年に続いて2018年もロンジン ワールド ベストジョッキー賞を受賞しています。

 

続いて、128ポンドのレーティングで3位となったAccelerate号の表彰が行われましたが、これらの表彰式の会場には今回が初となるロンドンのランドマーク ホテルが選ばれました。Accelerate号は、2018年にアメリカ最高の競走馬となっており、ロンジンはチャーチルダウンズ競馬場で開催されたブリーダーズカップ・クラシック(Breeders Cup World Classic)でAccelerate号の見事な勝利を記録しています。

 

この格付けは、主要な国際レースにおける成績に基づいて、国際ハンディキャップ委員が決定しています。昨年、アメリカのサラブレッドであるArrogate号は、フロリダで開催されたペガサス ワールドカップ(Pegasus World Cup)およびドバイ ワールドカップ(Dubai World Cup)で圧倒的な勝利を収め、2017年のロンジン ワールド ベスト レースホース賞を受賞しました。

 

この日、今回入賞した3頭の競走馬の代表者に、エレガントなロンジン ウォッチが贈呈されました。今回、同率優勝となったため、Winx号およびCracksman号の関係者には、IFHAの代表からロンジン ワールドベストレースホースのトロフィーのレプリカが手渡されました。

 

この席上では、ロンジンとIFHAによって、2018年のロンジン ワールド ベストレースとして、カタール・パリ凱旋門賞(Qatar Prix de lArc de Triomphe)の表彰も行われました。ロンジンは、世界中の最高の競走馬、ブリーダー、調教師、馬主の注目を集める、パリのロンシャン競馬場で行われるこの伝説的なレースの公式パートナーおよび公式タイムキーパーを務めています。

 

フランスギャロのエドゥアール・ド・ロチルド会長には、ロンドン滞在中の水曜日に受賞の知らせが届きました。彼には、エレガントなロンジンのタイムピース、記念プレート、馬の頭をかたどったレプリカのトロフィーが贈呈されました。2018年のカタール・パリ凱旋門賞では、優勝はEnable号、続いて2位がSea Of Class号、3位がCloth Of Stars号、4位がWaldgeist号となっています。カタール・パリ凱旋門賞は、2015年に初めてロンジン ワールドベストホースレース賞を受賞。昨年も同賞を受賞しています。

 

ロンジン ワールド ベスト ホースレース賞は、国際ハンディキャップ委員会によって設立された、最高ランクの国際G1レースの中で最高のレースを決定する賞です。各レースのトップ4の格付けが評価の基準となります。

 

 

ロンジンとIFHA:長年のパートナーシップと共通の価値観

 

1世紀以上に渡って馬術競技に情熱を傾けてきたロンジンは、IFHAの公式パートナーおよび公式ウォッチを務めること、ロンジン ワールド ベスト レースホース ランキングにブランド名を冠することを光栄に思っています。ロンジンとIFHAの長期に渡るパートナーシップにより、競馬の素晴らしさを称える一流の賞の数々を設立することができました。ロンジン ワールド ベスト レースホース賞は競走馬を、ホースレース賞は競馬を、ロンジン&IFHA国際功労賞は著名人を、ロンジン ワールド ベスト ジョッキー賞は騎手を、乗馬スポーツの中で最高レベルで特に秀でているとして称える賞です。

詳細を見る
コンパレータに製品が追加されました!

比較する別のウォッチをお選びください

ウォッチは3点まで比較できます

コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:

コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています

OK

このアイテムを削除してもよろしいですか?

すべて削除してもよろしいですか?

キャンセル
OK