Go to Main Navigation Go to ariane Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB fr fr-CH de de-CH es it it-CH ru zh-Hans zh-Hant ja ko pl th tr

Search

ケイト・ウィンスレット

アンバサダー・オブ・エレガンス
ケイト・ウィンスレット
Kate Winslet Longines ambassador
気品あふれるオスカー女優ケイト・ウィンスレットは2010年からロンジンファミリーの一員です。
ケイト・ウィンスレットは世界でも特に名高く愛される女優のひとりです。硬派なドラマからコメディ、情熱的なロマンスまでの幅広い役柄で新境地を開拓し独特の個性を発揮して、型にはまらない確かな実力を映画の世界で積んでいます。17歳の時、ピーター・ジャクソン監督の「乙女の祈り」で銀幕デビューすると、すぐさま頭角を現しました。アン・リー監督の「いつか晴れた日に」で初めてオスカーにノミネートされ、彼女にとって最初のミリオン作品であり2度目のオスカーノミネート作品である「タイタニック」のローズ役で世界中から脚光を浴びました。さらに「アイリス」、「エターナル・サンシャイン」、「リトル・チルドレン」、2016年の「スティーブ・ジョブズ」でも相次いでノミネートされ、2009年の「愛を読むひと」では旧ナチスの役柄を演じて最優秀主演女優賞を受賞しました。レオナルド・ディカプリオと再共演したサム・メンデス監督の「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」、「ネバーランド」、「Romance and Cigarettes (日本未公開)」など、心に残る作品や賞を獲得した作品に数多く出演しております。
その美しさと才能で人々を魅了するアカデミー賞女優、ケイト・ウィンスレットは、2010年以来、Longinesのアンバサダーを務めています。
2010年にはHBOで放送された5話のテレビドラマミニシリーズ「ミルドレッド・ピアース 幸せの代償」で同名の映画でジョーン・クロフォードが演じた役で主演しました。その好演により、彼女にとって3度目となる主演女優賞を2011年のエミー賞ミニシリーズ/テレビ映画部門で獲得し、また2012年には全米映画俳優組合賞とゴールデングローブ賞を獲得しました。さらに2012年にはセザール名誉賞をも受賞し、輝かしい経歴はとどまることを知りません。最近では2016年に、ダニー・ボイル監督の「スティーブ・ジョブズ」でゴールデングローブ賞と英国アカデミー賞で助演女優賞を獲得しております。この役柄では7度目となるオスカーへのノミネートも果たしております。



2013年には、エリザベス2世女王陛下より大英帝国勲章がこのオスカー女優に叙勲されました。2014年3月には、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのひとりとして星形プレートに名を連ねました。



2010年には自閉症の子供を金銭的に支援する非営利団体「ゴールデンハット財団」を設立して慈善活動に乗り出します。慈善活動への支援に歴史があるロンジンは、2015年より自閉症の方への考え方を改めようとするこの慈善団体を支援しております。



2016年5月18日、ロンジンは、1832年にブランドが誕生した地サンティミエに初めて、ブランドのアンバサダー・オブ・エレガンスを務めるケイト・ウィンスレットを招待しました。この訪問の間ケイトは、ロンジンの時計が製造され、組み立てられている様子を実際に見て回ると共に、ロンジン ミュージアムにも足を運びました。そしてこの時を巡る旅の中で、彼女の心を強く揺り動かした時計があったのです。その結果、フラッグシップ コレクションのひとつであるこのタイムピースモデルが、年内に再登場し、その売上げがゴールデン・ハット財団に寄付されることが決まりました。実り多き一日の締めくくりに、ロンジンの従業員とも実際に会って話をすることを強く希望したケイトは、この機会を利用して、彼女が立ち上げ、運営するゴールデン・ハット財団へのブランドの支援に対して、感謝の意を表しました。



ケイトには3人の子供がおり、イギリスで暮らしています。スイスの時計メーカーであるロンジンは、彼女をアンバサダー・オブ・エレガンスとして迎えることができたことを誇りに思っております。



2017年6月、ケイト・ウィンスレットがロンジン本社訪問の際に自ら選んだ新しい限定タイムピース、「フラッグシップ ヘリテージ バイ ケイト・ウィンスレット」を披露しました。5本限定で制作されたゴールドの時計には、ブランドアンバサダーの名がつけられています。同モデルのシリアルナンバー2/5、3/5、4/5はオークションにかけられ、収益はゴールデン・ハット財団に寄付されます。1/5が記された最初の1本はロンジン ミュージアムに収められ、最後の1本はケイト・ウィンスレットに贈呈されます。 ケイト・ウィンスレットのサイトを見てみる
2010年にはHBOで放送された5話のテレビドラマミニシリーズ「ミルドレッド・ピアース 幸せの代償」で同名の映画でジョーン・クロフォードが演じた役で主演しました。その好演により、彼女にとって3度目となる主演女優賞を2011年のエミー賞ミニシリーズ/テレビ映画部門で獲得し、また2012年には全米映画俳優組合賞とゴールデングローブ賞を獲得しました。さらに2012年にはセザール名誉賞をも受賞し、輝かしい経歴はとどまることを知りません。最近では2016年に、ダニー・ボイル監督の「スティーブ・ジョブズ」でゴールデングローブ賞と英国アカデミー賞で助演女優賞を獲得しております。この役柄では7度目となるオスカーへのノミネートも果たしております。



2013年には、エリザベス2世女王陛下より大英帝国勲章がこのオスカー女優に叙勲されました。2014年3月には、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームのひとりとして星形プレートに名を連ねました。



2010年には自閉症の子供を金銭的に支援する非営利団体「ゴールデンハット財団」を設立して慈善活動に乗り出します。慈善活動への支援に歴史があるロンジンは、2015年より自閉症の方への考え方を改めようとするこの慈善団体を支援しております。



2016年5月18日、ロンジンは、1832年にブランドが誕生した地サンティミエに初めて、ブランドのアンバサダー・オブ・エレガンスを務めるケイト・ウィンスレットを招待しました。この訪問の間ケイトは、ロンジンの時計が製造され、組み立てられている様子を実際に見て回ると共に、ロンジン ミュージアムにも足を運びました。そしてこの時を巡る旅の中で、彼女の心を強く揺り動かした時計があったのです。その結果、フラッグシップ コレクションのひとつであるこのタイムピースモデルが、年内に再登場し、その売上げがゴールデン・ハット財団に寄付されることが決まりました。実り多き一日の締めくくりに、ロンジンの従業員とも実際に会って話をすることを強く希望したケイトは、この機会を利用して、彼女が立ち上げ、運営するゴールデン・ハット財団へのブランドの支援に対して、感謝の意を表しました。



ケイトには3人の子供がおり、イギリスで暮らしています。スイスの時計メーカーであるロンジンは、彼女をアンバサダー・オブ・エレガンスとして迎えることができたことを誇りに思っております。



2017年6月、ケイト・ウィンスレットがロンジン本社訪問の際に自ら選んだ新しい限定タイムピース、「フラッグシップ ヘリテージ バイ ケイト・ウィンスレット」を披露しました。5本限定で制作されたゴールドの時計には、ブランドアンバサダーの名がつけられています。同モデルのシリアルナンバー2/5、3/5、4/5はオークションにかけられ、収益はゴールデン・ハット財団に寄付されます。1/5が記された最初の1本はロンジン ミュージアムに収められ、最後の1本はケイト・ウィンスレットに贈呈されます。 ケイト・ウィンスレットのサイトを見てみる
Subscribe to our Youtube channel Logo youtube
 
 
 
動画を見る