Longines

ニュース

Rudolf Mollekerが「2013年ロンジン•フューチャー•テニス•エース•トーナメント」に優勝

Rudolf Mollekerが「2013年ロンジン•フューチャー•テニス•エース•トーナメント」に優勝

パリ市庁舎前コートで今朝、「2013年ロンジン•フューチャー•テニス•エース」決勝が開催されました。FFT協賛のこのトーナメントにて、ロランギャロスの観客達は、Rudolf Molleker(ドイツ)とCarlos Sanchez Jover (スペイン)決勝試合の見事なテニスプレーを目にしました。ドイツ人プレイヤーは2セット4-1/4-0で勝利を収めました。

昨日、準決勝でMarco Furlanetto (イタリア)と Arthur Hugounenq(フランス)を破ったRudolf Molleker(ドイツ)とCarlos Sanchez Jover (スペイン)の決勝進出が決まりました。2013年ロンジン•フューチャー•テニス•エースは、火曜日と水曜日開催のロンジン•アカデミーを皮切りにスタートしました。開催期間中の2日間、シャテニュレテニスクラブでは、子供達にクレイコートで練習する機会が与えられました。世界中(オーストラリア、中国、フランス、ドイツ、香港、イタリア、日本、メキシコ、ポーランド、ロシア、シンガポール、スペイン、スイス、台湾、英国、米国)から13歳未満のヤングプレイヤー16人が集まり、実際のプレイとコーチJérôme GolmardとアスリートトレーナーRemi Barbarinより、貴重なアドバイスを受ける機会を得ました。 2日間の集中トレーニングの後、シャングリ・ラ ホテルで試合が行われました。木曜日は、雨天のため、シャテニュレテニスクラブにて16試合が行われました。金曜日、子供達はパリ市庁舎前に設置されたクレイコートでプレイしました。両者とも「ロンジン・ライジング・テニス・スター」のメンバーであるザビーネ・リシキとライアン・ハリソンがこれらの試合を熱心に観戦しました。観客の皆様には、ロンジンが大切にしている寛容という価値観をハイレベルでフェアなプレイに垣間みていただけたことでしょう。

決勝進出を果たした2人は、「2013年ロンジン•フューチャー•テニス•エース」会長Fabrice Santoroと当ブランドの友人Arnaud Clémentと共にイベント試合に参加しました。試合終了後、ファイナリストの2人には、ロンジンの腕時計と16歳の誕生日を迎えるまでのテニスグッズ一式用に奨学金2000ドルが贈呈されました。ロランギャロス大会決勝と同様に勝者は、FFT会長Jean Gachassinの手からトロフィーを受け取りました。

ロンジン•フューチャー•テニス•エースに関する詳細はこちらからhttp://rolandgarros.longines.com/$


© 2014 Longines Watch Co. Francillon Ltd., All rights reserved

言語をお選び下さい