Longines

ニュース

ジム・ボルジャーがロンジン& IFHA国際功労賞を初受賞

ジム・ボルジャーがロンジン& IFHA国際功労賞を初受賞

ロンジンと国際競馬統括機関連盟 (IFHA)が2013年10月7日(月)パリにて、初のロンジン& IFHA国際功労賞を授与しました。アイルランド出身の馬主、調教師兼生産者であるジム・ボルジャーにロンジン副総裁兼グローバルマーケティングディレクターJuan-Carlos CapelliとIFHA会長のLouis Romanet氏よりトロフィーとエレガントなロンジンの腕時計が贈呈されました。スイスの時計ブランド ロンジンは、 IFHAの公式パートナー兼公式計時ならびにロンジンワールドベストレースホースランキングのタイトルパートナーを務めています。

ロンジンと国際競馬統括機関連盟は、2013年10月7日(月)パリにて初のロンジン&IFHA国際功労賞を授与しました。授与式は、第47回国際競馬統括会議開催中にIFHA代表者来席のもと、パリで行われました。アイルランド出身の馬主、調教師兼生産者であるジム・ボルジャーにロンジン副総裁兼グローバルマーケティングディレクターJuan-Carlos CapelliとIFHA会長のLouis Romanet氏からトロフィーとエレガントなロンジンの腕時計が贈呈されました。

ジム・ボルジャー氏は過去30年にわたり、ヨーロッパ各地の数々のビッグレースで勝利を収めてきました。彼は調教師、生産者、馬主ならびに騎手や調教師の教育者として競馬界に多大な影響をもたらしました。

ロンジンは、国際競馬統括機関連盟の公式パートナー兼公式計時ならびにロンジンワールドベストレースホースランキングのタイトルパートナーを務めています。ロンジンの馬術スポーツに対する情熱は、1878年に馬とジョッキーが刻まれたクロノグラフを製造したことにより始まります。早くも1881年には競馬場に登場し、騎手と競馬愛好家から非常に支持されたこのモデルは、利用者に秒単位の計時性能をもたらしました。


© 2014 Longines Watch Co. Francillon Ltd., All rights reserved

言語をお選び下さい