Longines

ニュース

パリスがキッツビュール・ダウンヒルで優勝

パリスがキッツビュール・ダウンヒルで優勝

ドミニク・パリスは、キッツビュールで開催されたFISアルペンスキー・ワールドカップ男子で優勝を果たした2番目のイタリア人となりました。Erik Guay(カナダ)は2位、Hannes Reichelt(オーストリア)は3位入りを果たしました。金曜日にスーパーGで優勝したロンジン・エレガンスアンバサダーのアクセル・ルンド・スヴィンダは、10位に終わりました。パリスには、ロンジン副社長兼国際マーケティングディレクターのJuan-Carlos Capelliから特別に刻印が彫られたロンジンサンティミエコレクションタイムピースが贈呈されました。


© 2014 Longines Watch Co. Francillon Ltd., All rights reserved

言語をお選び下さい