Longines

ニュース

ロンジン フューチャー テニス エース ~夢のローラン・ギャロス~

ロンジン フューチャー テニス エース ~夢のローラン・ギャロス~

スポーツ計時における過去の様々な経験と、その技術に対する高い評価を維持しているロンジンは、長年に渡りテニスの4大国際大会である全仏オープン(The French Open)の公式パートナー兼公式計時を務めています。
2009年より、未来のテニス・チャンピオンを発掘するプロジェクト「ロンジン フューチャー テニス エース」 ~夢のローランギャロス~ をスタートさせました。

このプロジェクトは、テニスに情熱を注ぐ子供たちに、テニスプレーヤーなら誰もが憧れる全仏オープンの舞台“ローラン・ギャロス”でプレーする機会を与えると同時に、未来のテニス・チャンピオンを発掘しようとするものです。その栄誉ある機会に参加することが許されるのは、世界各国から選抜された13歳未満の才能ある16名の子供たち。日本からは国内で最も権威あるジュニアの大会の一つ「全国選抜ジュニア選手権大会(兼 ワールドジュニアテニス世界大会代表選考会)」の優勝者、住澤大輔君が参加します。5月22日(日)、千葉県柏市の吉田記念テニス研修センターにて同大会の決勝戦が開催されました。
ロンジンは、 “ロンジン・エレガンス”を象徴するアンバサダー、シュテファニー・グラフとアンドレ・アガシ夫妻がそれぞれ設立した社会貢献財団“チルドレン・フォー・トゥモロー”と“アンドレ・アガシ ファウンデーション”を通じて、子供たちの未来をサポートする活動も行うなど、とりわけテニス界との絆を強くしています。

本年も全仏オープンと同時期に開催される「ロンジン フューチャー テニス エース2011」は、6月2日(木)〜3日(金)の2日間、世界16カ国のテニス連盟から選抜された16名の新進ジュニア選手が集結し、ジュニア選手の未来への架け橋となるべく、スポーツ振興を目的にローラン・ギャロス内のコートにて実施されます。

トーナメントを勝ち抜いたファイナリスト2選手は、6月4日(土)に開催される、ロンジンのブランド・アンバサダーであるアンドレ・アガシとレジェンド・プレイヤー ジム・クーリエの両名によるドリーム エキシビジョンマッチ出場権を獲得することができます。ファイナリストの2選手には、フランス全国テニス連盟から優勝カップとテニスギア購入などの競技サポートを目的に16歳までロンジンより奨学金($2,000US)が授与され、副賞として公式計時モデルでロンジン コラムホイール クロノグラフも贈呈されます。


© 2014 Longines Watch Co. Francillon Ltd., All rights reserved

言語をお選び下さい