Longines

企業情報

ロンジン社長、ウォルター・フォン・カネル

"生年月日:1941年9月1日、ドイツ、シュウェーリン生まれ
国籍:スイス
婚姻歴:既婚、子ども2人
学歴:ラ・ショー・ド・フォンのNusslé SAにて、商業関連の養成訓練を受ける
スイスおよび海外での研修とインターンを豊富に経験
趣味:射撃、ランニング、長距離スキー、郷土史研究

職歴

1960 - 1963年 スイス連邦政府税関、所在地:ラ・ショー・ド・フォン、ビエンヌ、およびブリーグ
技術担当官

1963年~1969年 ジャン・シンガー社、所在地:ラ・ショー・ド・フォン
工業会計、物流および営業部門で多くの職務を担当

1969年~1988年 ロンジン・フランシオン社、所在地:サンティミエ
営業担当エグゼクティブ
営業部部長
営業・販売促進部部長

1988年より ロンジン・フランシオン社、所在地:サンティミエ
社長

1991年より スウォッチ・グループ
グループ全体の経営に携わる

ウォルター・フォン・カネル、サンティミエ製時計の熱心な愛好家として

「時計製造は、いつも私にとって魅力的な世界でした」とウォルター・フォン・カネルは1945年から子供時代を過ごしたスイスの時計製造の中心地、ジュラ地方のサンティミエ渓谷での思い出を語ります。「私が子どもだったころ、ロンジン社はサンティミエの丘陵地帯にありました。そこでは地域の大半の人々が働いており、ずっと印象的な存在でした。そして、いつか私もそこで働くんだと思っていました。当時すでに、時計製造はこの地方の主要産業になっていて、将来、私はその仕事を通じて世界を知ることになるんだと思っていたのです」

ウォルター・フォン・カネルが商業の養成訓練を終え初めて就いた仕事は、スイス連邦政府のラ・ショー・ド・フォン、ビエンヌ、およびブリーグにある税関の技術担当職でした。しかし、彼は時計製造に対する気持ちを忘れることができませんでした。そして、1964年、彼はラ・ショー・ド・フォンにある時計の文字盤とケースを製作しているメーカー、ジャン・シンガー社に転職します。

そこで工業会計、物流および営業などの仕事を数年経験した後、今度は営業担当のエグゼクティブとしてロンジン・フランシオン社に転職しました。彼はついに、少年時代の夢をかなえたのです。

入社してまもなく、研修を受けるためにニューヨークにあるロンジンのアメリカでの代理店、ロンジン-ウィットナー・ウォッチ社に派遣されました。彼には時計製造への情熱、能力、交渉力、強い個性という出世の階段を駆け上がる素質がすべて揃っていました。営業担当の責任者、そして販売促進部(セールスおよびマーケティング)の責任者として勤務した後、1988年にロンジン社全体の経営に携わるようになったのです。

1991年、スウォッチ・グループ社長のニコラス・G・ハイエックから、スウォッチ・グループ全体の経営管理に携わるように誘いを受けました。

ウォルター・フォン・カネルには、スイス国軍の士官として数年間従軍した経験があり、歩兵連隊の司令官として人事管理や組織運営にも豊富な経験を有しています。

また彼は、地方や地域の政治にも積極的に参加しており、「ジュラ・ベルン地方圏会」のメンバーを務めています。"


© 2014 Longines Watch Co. Francillon Ltd., All rights reserved

言語をお選び下さい