Longines

企業情報

ロンジン:エレガンス、伝統、そして性能を

ロンジンは1832年の創業以来スイスのサンティミエに拠点を置き、「伝統」「エレガンス」「パフォーマンス」をテーマに時計作りを続けてきました。
数多くの世界的なスポーツイベントの公式時計の製造メーカーであり、また国際的なスポーツ連盟のパートナーでもあるロンジンは、世界最大の時計メーカー、スウォッチ グループのメンバーとして、エレガンスな時計を製造することで知られています。翼のついた砂時計をシンボルに持つロンジンは、現在、世界130カ国以上でビジネスを展開しています。

1832年、オーギュスト・アガシは、サンティミエにある時計販売会社に入社したことにより、時計製造の世界に身を投じました。その後、すぐに彼はアガシ商会という名のもと、その会社の経営を担います。当時、その会社は家内工業で作られた時計を販売しており、アガシはアメリカを中心に、他の大陸までその販売網を拡大することに成功しました。1850年代半ばには、アガシの甥であるアーネスト・フランシロンが経営を引き継ぎました。フランシロンはその会社の責任を担いつつも、地域の時計製造方法をもっと改善する方法がないかと考えていました。そして、彼は、当時別々の場所で行われていた、時計の複数の製造工程を、1か所にまとめることを思いついたのです。
フランシロンは、時計の組み立てと仕上げを機械的な方法で、一か所で行うことができるような工場を作ろうと考えました。そして、これを実現するために、彼は1866年、スーズ川(サンティミエ渓谷を流れる川)の右岸の「ロンジン」と呼ばれ場所に、隣接する2つの区画を購入し、翌年の1867年、ロンジンの製造工場を誕生させたのです。その後、フランシロンは親族の若いエンジニア、ジャック・ダヴィッドを招き入れ、時計の製造工程を改善するために必要な機械を開発したのでした。1870年代、フランシロンの産業面での選択は軌道にのり、1930年代まで生産は絶えず拡大をつづけました。1911年、ロンジンの工場では1,100人を超える労働者を抱え、世界各地にその製品を送り出していました。

ロンジンで行われる技術研究は様々な形で報いられ、1929年にバルセロナで開かれた万国博覧会までに、10以上ものグランプリを万国博覧会で獲得し、「最も受賞数の多いブランド」として知られるに至りました。1889年、フランシロンはロンジンの名前と翼のついた砂時計のロゴを商標登録しました。ロンジンは、世界知的所有権機関(WIPO)に登録される中で、最も古く、昔と同じ登録商標とロゴを使用するブランドです。1867年からずっと「翼のある砂時計」のロゴと、「ロンジン」というブランド名を品質の保証として使用し、製造する時計の素晴らしい名声を利用しようとする偽造品を阻止してきたのです。

工場で進化を遂げた時計の製造技術によって、ロンジンは徐々にスポーツ界と特別な関係を築き上げていきました。そして、20世紀の花形スポーツを初めとする様々な分野にそのノウハウを提供したのです。


© 2014 Longines Watch Co. Francillon Ltd., All rights reserved

言語をお選び下さい