Longines

アンバサダー

アクセル・ルンド・スビンダル アクセル・ルンド・スビンダル アクセル・ルンド・スビンダル

アクセル・ルンド・スビンダル

ウェブサイト

クリスタル・グローブを含む数多くのタイトルを獲得したノルウェー人スキーヤーは、2007年からスポーツにおけるロンジンのエレガンスを体現しています。

アクセル・ルンド・スビンダルは、2002年イタリアで行われたアルペンスキー複合で初めて世界チャンピオンになりました。しかし、それ以前にすでにジュニア・チャンピオンとして名を知られた存在でした。同年、彼はスーパー大回転で銀メダル、ダウンヒルおよびスラロームでいずれも銅メダルを獲得しています。

彼のスキーヤーとしてキャリアは、アルタ・バディアで行われたジャイアント・スラロームでの勝利という輝かしく、将来性あふれるものとしてスタートしました。2003年のシーズンでは、キッツビュールで開催されたアルペン複合で、1位のミヒャエル・ヴァルヒホッファーにわずか0.5秒差の2位という好成績を残しました。この時点でのスビンダルの成績は、ワールドカップ・スキーの全種目あわせてトップ10入りが40回以上というものでした。2006年シーズン終了時には、総合ランキング2位にまで躍進し、さらにその潜在能力の高さを周囲に知らしめました。2007年オーレで開催されたアルペンスキー世界選手権ダウンヒルで、スビンダルはノルウェー人として初めて金メダルを獲得しました。また、同大会のジャイアント・スラロームでも優勝し、この成績を残した歴代4人のスキーヤーのうちの一人となりました。2007年のワールドカップ総合ランキングでは、ついに頂点に登り詰め、世界を再度驚かせました。彼の栄光の歴史は、まさに素晴らしいものと言えるでしょう。

彼は2007-2008年のシーズン開始時、最も期待されていた選手の一人でした。しかし不運にも、ビーバー・クリークのダウンヒルで転倒し、重傷を負ってしまったことから、残りのシーズン中、レースに復帰することができませんでした。

アクセルは、長期間にわたるリハビリを行って回復し、2008-2009年のシーズン参加に向けての準備に専念しました。そして、前年に負傷したレースで見事金メダルを獲得して復帰を果たし、シーズンを通じて、コンスタントによい結果を残したのです。ヴァル・ディゼールで開催された世界選手権ではメダルを2個獲得し、オーレでは、スーパー大回転と総合で2つのクリスタル・グローブを獲得し、大成功をおさめたのです。

© 2014 Longines Watch Co. Francillon Ltd., All rights reserved

言語をお選び下さい